fbpx

日経155円高続伸、中国指標改善と円安背景に先物主導で持ち直し(6/8)=山本伸一

中核銘柄が指数押し上げ 新興軽量級、バイオに短期資金集中

指数続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンク<9984>、ファナック<6954>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>らが総じて好調。指数を押し上げています。

トヨタ<7203>、ソニー<6758>、コマツ<6301>、スズキ<7269>、富士重工業<7270>ら外需関連も堅調。材料性の伝わったパナソニック<6752>、目標株価引き上げのピジョン<7956>なども賑わいました。

売買代金上位では、新興軽量級のブランジスタ<6176>が大商い。バイオ関連のグリーンペプタイド<4594>、アキュセラ<4589>、取引先の供給拡大観測報道が継続視されたブイ・テクノロジー<7717>

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に空運、石油製品、水産農林、ゴム製品、紙パルプ、海運、医薬品、建設、銀行、卸売、小売、陸運、食料品、電気ガス、化学などが並びました。

一方、値下がりは保険、非鉄、鉄鋼、ガラス土石、その他金融、不動産などとなっています。

個別では、格上げの住友林業<1911>、中部電力<9502>、目標株価引き上げの丸和運輸機関<9090>、リンテック<7966>、THK<6481>などが物色されました。

新興市場では、全市場の売買代金上位に進出したブランジスタ<6176>、グリーンペプタイド<4594>、アキュセラ<4589>が好調。ジグソー<3914>、ミクシィ<2121>、CRIミドルウェア<3698>、リプロセル<4978>、日本ラッド<4736>などが賑わっています。

Next: 本日の注目銘柄:ブランジスタ、パナソニック、リプロセル

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー