fbpx

日経155円高続伸、中国指標改善と円安背景に先物主導で持ち直し(6/8)=山本伸一

本日の注目銘柄

ブランジスタ<6176> 8,890円 前日比+1,500円(+20.30%)

大幅高。全市場の売買代金上位にも進出しており、全員参加型の人気銘柄となっている。SQ算出に日米金融政策と目先に重要イベントが相次ぐなか、需給妙味の強い銘柄として短期資金が集中。時価総額最上位のトヨタ<7203>を上回る大商いを演じる場面も確認されている。

ブランジスタ<6176> 日足(SBI証券提供)

ブランジスタ<6176> 日足(SBI証券提供)

パナソニック<6752> 990.1円 前日比+35.1円(+3.68%)

続伸。米電気自動車メーカーのテスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOが「新型車モデル3用の燃料電池を同社のみと取り組んでいる」とコメントしたことが買い材料視された。共同で電池工場を建設するなど、両社の関係強化に着目した買いも集めたようだ。

パナソニック<6752> 日足(SBI証券提供)

パナソニック<6752> 日足(SBI証券提供)

リプロセル<4978> 540円 前日比+28円(+5.47%)

大幅続伸。同社が開発するsrRNAを用いたヒトiPS細胞から体細胞をつくるために京都大学iPS細胞研究所と共同研究契約を結んだとの発表が刺激材料となったようだ。グリーンペプタイド<4594>、アキュセラ・インク<4589>とともに全市場の売買代金上位でバイオ関連物色を集めている。

リプロセル<4978> 日足(SBI証券提供)

リプロセル<4978> 日足(SBI証券提供)

【関連】それでも私が「万年割安」な商社株を推奨するシンプルな理由=栫井駿介

1 2 3

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』(2016年6月8日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手にし続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー