fbpx

福島原発「警戒区域」に潜入、外国人カメラマンが見た残酷な現実

福島第一原発事故から5年以上が経過。

現在も、第一原発から半径20km圏内警戒区域として立ち入り禁止とされている。

しかし、2016年6月、マレーシア出身の写真家・Keow Wee Loongさん(27)は警戒区域である富岡町・大熊町・双葉町・浪江町へ潜入。

無人と化した町の現状を自身のFacebookで公開した。

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

出典:DailyMail

Next: 民家の様子も撮影。「警戒区域に入ると、化学薬品の匂いがしていて…」

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい