fbpx

日経平均16,938円を抜けず/2016年は円高趨勢、為替相場の注目点=山崎和邦

さりとて80円台にまで益々円高が進むという事はないであろう。今は円高が日本経済を蝕むという事は政治家も官僚も分かっているからだ。だから麻生さんが時々、介入を示唆するような発言をして急激な円高を抑止してきた(そのため、G7会議の前にはルー財務長官と気拙い応酬になった)。

いわば「間合いに一歩でも踏み込んだら抜くぞ」とツカに手を掛けて見せたが、抜いたらおしまいだ。アメリカが文句を言ってきて一旦抜刀したものを納刀せねばならない、伝家の宝刀は鞘の中に居てこそ貫録を示す。

ましてや麻生さんには介入で円安にしたという実績がない。実績のない剣客がツカに手をかけて「いつでも抜くぞ」と睨んで見せても、繰り返すと効果がなくなる。度が過ぎれば滑稽にさえなるであろう。この辺が財務官時代に史上最大の介入をやって79円台から148円まで持って行った黒田さんや「ミスター円」こと榊原英資さんとの違いだ。「黒田バズーカ砲」と言われて円買い勢力を震撼せしめた黒田さんも、史上最大の円売り加入の実績があったからだ。

それはさておき、限りなきトレンドに見えるような円高は我が国に毒になることは政治家も官僚の評論家稼業も十分承知しているはずだから80円台というようなことはないであろう。

図6 ドル円 長期チャート

図6 ドル円 長期チャート

円ドル相場は、理屈で割り切れない。 要は基軸通貨国の国益のための意向がモノを言うのだ。日本がバブル崩壊、貸し渋り、企業倒産続出、この真っ最中に円高が進んだ。

本来、その国の通貨が高いという事は、当該国が強いという事であるはずだ。現に、円高の過程で世の評論家稼業の人々の中には「円高こそ日本を潤す」とか「成長時代の終焉後は円高で成熟時代を満喫」「対外購買力が強くなった。 原油輸入国としてはトクになる一方だ」などと言う説が、一応の見識ある評論家から多くの著作が出ていたからお笑いである。

自分が実損をこうむっている筆者(前述トレジャリー・ビル)や輸出で苦しんだ財界の人は分かっているが、評論だけしている人はどうしてもそうなる。


※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く【号外・山崎動画】も配信』2016年7月31日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。割愛した以下の本文、チャートもすぐにご覧いただけます。

【2】日銀の決定内容について筆者の主観を交えない要約版

【4】火曜日の下げには三つの契機があった

【5】水曜日の前場358円の上げの意味

【6】英・米・日の株価

【8】G20会議

【9】英のEU離脱で企業資金調達が減った

【10】Mさんから「トルコリラ建て投資、ブラジル国債・レアル建て投資」について(7月24日、夜)

【11】千葉のAさんとの「中国バブル崩壊」についての交信(7月26日、夜)

【12】投資歴の長いKさんとの「臨時増刊号に関する」交信(7月30日、夜)

【関連】英フィナンシャル・タイムズが「日本撤退」を投資家に勧める理由

【関連】事業規模28兆円? 財源の裏付けなき「大胆な経済対策」に明日はない=近藤駿介

1 2 3

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)、近著3刷重版「賢者の投資、愚者の投資」(日本実業出版)等。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く【号外・山崎動画】も配信

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー