fbpx

伊藤智洋のパワー・トレンド理論を実践『少額投資家のための売買戦略』特別公開!

本記事は、日経CNBC『マーケッツのツボ』(2016年8月2日20時放送予定)と連動し、伊藤智洋氏の人気有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』のメインコンテンツを1号分まるごと無料で公開するものです。

メルマガでは毎号、複雑に入り組んだマーケットや時事問題についての解説に加え、伊藤氏の「パワー・トレンド」理論による実践的な相場予測講座を開催しています。次回は8月14日配信予定ですので、ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に定期購読をどうぞ。もちろんバックナンバーのご購入も可能です。

プロフィール:伊藤智洋(いとうとしひろ)
証券会社、商品先物調査会社のテクニカルアナリストを経て、1996年に投資情報サービス設立。株や商品先物への投資活動を通じて、テクニカル分析の有効性についての記事を執筆。MS-DOS時代からの徹底したデータ分析により、さまざまな投資対象の値動きの本質を暴く。『チャートの救急箱』(投資レーダー社)、『FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]』(東洋経済新報社)など著書多数。

※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2016年7月10日号の一部抜粋です。

1. 自分を信じられるかが勝敗を分ける
2. パワー・トレンド講座 第六回 勢いの強い動きが継続しているときの調整

伊藤智洋氏の『少額投資家のための売買戦略』を特別無料公開!

1.自分を信じられるかが勝敗を分ける

図1は、東京証券取引所のホームページに毎週掲載されている投資部門別売買状況だ。上段が15年の日経平均株価日足で、中段が外人投資家の買い越し(プラス方向)、売り越し(マイナス方向)株数、下段が個人投資家の買い越し、売り越し株数である。

図1 投資部門別売買状況

図1 投資部門別売買状況

このメルマガでは、海外勢のわなに、日本の個人投資家が嵌められているという印象を与えるような書き方をよくしているが、これを見ると、必ずしもわなに嵌めている動きになっているわけではないことがわかる。

図の中央の15年8月の急落場面は、急落の前に売り買いが転換していてあやしい動きもあるが、上昇の流れができてしばらくしてから買い越しとなり、上昇の中盤から終盤にかけて買い越しが膨らみ、下降を開始すると買い越しが減り、下降の流れができてくると売り越しに転じるという取引になっている。

つまり、トレンドに沿った当たり前の取引になっているのである。

一方で、(日本の)個人投資家の方は、トレンドに逆らった売買状況になっている。その判断の仕方の理由が顕著にあらわれているのは、15年7月9日に押し目をつけている場面である。

個人投資家は、それまで売り買いのどちらに対しても積極的になっていなかったが、この場面で、押し目買いが急激に増えている。これは、個人投資家が一時的な戻りを期待した逆張りを嗜好しているためにあらわれている動きである。

14年12月29日の戻り高値を試す展開になっている15年2月にも、逆張りの戻り売りが急増している。

外人投資家は、15年7月9日の下げ場面で、トレンドに追随した取引になっているため、売り越しが増えている。14年12月29日の戻り高値を超える際に、売り越しから買い越しへと転じている。

個人投資家は、投資判断を瞬時に反映させることができるので、小回りのきく投資ができる。ファンドを出し抜いて、大きな利益を得られるとするなら、その特徴を活かすしかない。

ただ、その逆張りは、大勢の転換点を想定したものであって、一時的な反転を見越した動きであってはならない。一時的な利益など、数回の取引ですぐに吹き飛んでしまう。短期の値動きなど予測不可能なので、取引回数が多ければ、それだけ負けが増えることになるのである。

大勢の方向を見据えた取引であれば、逆張りをして、その後、その方向へ価格が向かえば、
その方向への売買高が増えてゆくはずである。

しかし、15年7月9日以降は、一時的に大きく買い越しとなった翌週、価格が上昇しているにもかかわらず、売り越しになってしまった。こういう取引は、ギャンブルを楽しんでいるだけで、個人投資家の特徴を活かしたうまい取引とは言えない。

Next: 個人投資家の強みを活かした投資法とは?

1 2 3 4
★日経チャンネルマーケッツ 月額972円(税込)
『日経CNBC』の番組を平日毎日ライブ配信。パソコンやスマホ・タブレットでご視聴いただけます。マネーボイス読者限定、今だけ最大2カ月無料のチャンス! 視聴はこちらから
申込ページでキャンペーンコード「JW38td」を入力してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい