fbpx

米雇用統計通過も103円台からは上値重い 利上げ見通し依然不透明=ゆきママ

今週はレンジを想定しています。7月米雇用統計については、賃金インフレの迫力には欠けているという些細な注文はついたが、問題があるかといえば決してそうではなく、ポジティブに考えても良い結果であることは間違いないでしょう。

しかしながら、相変わらずドル円の動きは重く、その理由はまだまだ年内の利上げを確信させるには至らないということが大きいでしょう。今週も確信させるほどの材料が出てきそうにないため、ドルの上値は重そうです。(『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』)

※本記事は有料メルマガ『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』2016年8月7日号の抜粋です。毎週いち早くゆきママさんの解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

テクニカル的に1ドル105円前半を上回ることはほぼ想定できず

1.先週のドル円相場総まとめ(1ドル=100.67~102.83円)

先週(8月1~5日)のドル円相場は、1ドル=100.67~102.83円(予測1ドル=99.50~104.50円)でした。雇用統計もあったのでもう少し動くと考えていましたが、経済対策の材料出尽くしや日銀の追加緩和後退観測もあり、上値の重さが顕著でした。

ちなみに、イングランド銀行(BOE)金融政策委員会では、大規模な追加緩和が決定されました。予想されていた利下げに加え、資産購入枠の大幅拡大や社債購入も行うとのことで、前回のメルマガで書いたようにポンド安がドル円では円高に作用する結果となっています。

【関連】モンテパスキ銀や日本年金を翻弄する「時代の変化」の笑えない正体=矢口新

(1日)
東京市場は、1ドル=102.10~102.60円台で序盤から堅調な値動きとなった。前週末に発表されたアメリカのGDPは衝撃的な弱さだったものの、企業在庫の減少が主因で個人消費は非常に底堅かったことから見直しが入ったことや、日経平均の上昇が後押しとなって高値を付ける場面もあった。

海外市場は、1ドル=102.10~102.50円台でやや弱めの推移。欧州市場では、欧州株安に加え原油が3か月ぶりの水準に低下したこともあって、上値の重い展開が続いた。

NY市場では、翌日の豪準備銀行による金融政策発表を控えて豪ドルが売られてドルが買われた流れでドル円も高値をつけたが、注目された7月米ISM製造業景況指数が予想を下回ったこともあって上値が重くなり、反落する場面もあった。

(2日)
東京市場は、1ドル=102.00~102.80円台で急騰する場面もあった。序盤に麻生大臣から相場を注視するといった円高けん制気味な発言によって急上昇して高値をつけたが、その後は日本国債が売られ長期金利が上昇し、日銀の異次元緩和に疑義が生じているといった報道が相次いだこともあって急落。日経平均の弱い動きも影響した。

海外市場は、1ドル=100.60~102.40円台で2円近い下落幅を記録した。欧州市場では、一旦買い戻されて高値をつけたが、麻生大臣が50年債を否定したことで結局は反落。本邦政府が28兆円規模の経済対策を正式に閣議決定したことによる材料出尽くし感もあった模様。

NY市場では、原油安からの株安、ドル安とトリプル安商状となっており、サポートのない真空地帯でドルは一段と下を目指す流れだった。7月米PCEコアデフレータなどが弱く、アメリカにおけるインフレ圧力の弱さも意識された。

(3日)
東京市場は、1ドル=100.70~101.30円台のレンジ内で忙しい上下。序盤は自律反発的な動きで高値をつけたが、その後は日経平均株価の軟調さもあって急落して安値。ただ、一定の底堅さもあってやや買い戻されて取引を終えた。

海外市場は、1ドル=100.90~101.50円台で概ね101.00円近辺でのモミ合い。欧州市場では、翌日に予定されている英中銀からの発表を控えて、ポンドを中心にポジション調整の動きが続いたが、ドル円は同意に乏しかった。

NY市場では、7月米ADP雇用報告の好結果や7月米ISM非製造業指数の好結果、さらには米週間原油在庫の減少を受けての原油高もあってドル高に振れる場面もあったが、一瞬に終わって101.00円付近での値動きに終始した。

(4日)
東京市場は、1ドル=100.80~101.60円台で序盤の急落後は堅調な値動きとなった。午前に岩田日銀副総裁が緩和政策の検証に際して、特定の方向を考えていないといった発言をしたことで、緩和後退といった見方が強まり円が買われた。しかし、午後に入ると一転して、金融の引き締めは考えられないと緩和に前向きな姿勢を示したことで円が売られた。10年債の入札が堅調だったことも円売り材料となった。

海外市場は、1ドル=101.00~101.50円台で軟調気味に推移した。欧州市場では、英中銀が予想を上回る包括的な緩和策を決定したことで、ポンド安からドル円ではドル安(円高)の動きが強まった。

NY市場では、翌日の7月米雇用統計を控えて様子見モードのモミ合いが続いた。

(5日)
東京市場は、1ドル=101.00~101.30円台での小動きが続いた。日経平均などにも反応薄で、基本的には雇用統計待ち。ほとんど値動きのない時間帯が長く続いた。

海外市場は、1ドル=100.80~102.00円台で上値を伸ばした。欧州市場では、ジワリと下落したが、基本的には様子見ムードが強かった。

NY市場では、注目の7月米雇用統計が発表された。結果は雇用者数、賃金上昇率ともに事前予想値を上回ったが、上値は重く伸び切れず、102円にタッチしたがその後やや反落して取引を終えた。利上げスケジュールの変更までには至らなかったことや、2か月連続で20万人を超える雇用者増がかえって労働市場のスラック(緩み)を意識させたことも影響した模様。

Next: 2.今週のドル円相場の展望(1ドル=100.00~103.00円)

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい