fbpx

近づく日中開戦。尖閣海域の中国船240隻に日本が「勝つ」方法とは?=北野幸伯

尖閣諸島に大挙して押し寄せる中国船のニュースがメディアを騒がせています。習近平政権の狙いはどこにあるのでしょうか。そしてこの状態がそのままエスカレートした先に待つ事態とは? 無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、このまま行けば日中開戦は避けられないとし、いま安倍総理が取るべき対応について解説しています。

尖閣で負ければ「習近平処刑」も。背水の陣で日本に挑戦する中国

日中戦争は尖閣諸島からはじまる

私が「アメリカは没落する」と本の中で断言したのは、今から11年前のことです。05年に出版された『ボロボロになった覇権国家』。当時、私のメルマガ読者以外の皆さんは、「そんなアホな!」という反応。ほぼ100%の人が、「アメリカの覇権は永遠である!」と信じていた。

ところが、出版からわずか3年後、アメリカ発「100年に1度の大不況」が起こり、アメリカ一極世界が崩壊した。それで、「どうしてわかったのですか?」という問い合わせが殺到しました。

「日本は中国と戦争になる可能性がある。両国の対立は尖閣からはじまる

こうはっきり書いたのは、08年9月、「リーマンショック直前」に出版された『隷属国家日本の岐路』です。副題は、「今度は中国の天領になるのか」。今となっては、「日中関係が悪化して尖閣から問題が起こるなんて、誰でも知ってるよね」と思うでしょう? しかし、当時その可能性を指摘していた人は、ほぼ皆無。「北野さん、今の時代に中国が尖閣を侵略するなんて非現実的ですよ!」と、私のメルマガ読者さん以外の人は、本気にしてくれませんでした。

【関連】なぜバフェットとソロスの結論は「米国は中国に勝つ」で一致するのか=東条雅彦

ところが、10年に「尖閣中国漁船衝突事件」が起こり、日中関係が悪化した。12年9月、日本政府が「尖閣国有化」すると、日中関係は戦後最悪なってしまいます。12年11月、中国はモスクワで「反日統一共同戦線戦略」を提案。
反日統一共同戦線を呼びかける中国 – ロシアの声

その骨子は、

  1. 中国、韓国、ロシアで「反日統一共同戦線」をつくるべし!
  2. 中国、韓国、ロシアで、日本の領土要求を断念させるべし!
  3. 日本には、尖閣だけでなく、【沖縄】の領有権もない!!!
  4. 「反日統一共同戦線」には、【アメリカ】も参加させるべし!

私はこの戦略のことを知り、「嗚呼、日中戦争がはじまった!」と嘆き悲しみました。

私たち(国際関係の研究者)は、戦争を、武器を使ってドンパチやる「実戦」「戦闘」だけに限定していません。その前段階として、「情報戦経済戦」がある(この二つは、実戦中も継続して行われます)。

中国が「反日統一共同戦線戦略」を提案したということは、「日本との戦争にこうやって勝ちますよ」ということでしょう? 「戦略」というのは、「戦争に勝つ方法」という意味なのですから。しかし、「実戦」の前段階に、いろいろある。日本は、「戦争がはじまったこと」すら知りませんから、まさに「サンドバック状態」です。

Next: 日本への挑発を段階的に強める中国。すでに戦争は始まっている

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい