fbpx

安倍さんに教えたい「若者が結婚・子育てできない」下流日本の処方箋=北野幸伯

「8時間労働」の徹底を

日本の「合計特殊出生率」は、1.42(2014年)だそうです。つまり、「1人の女性が一生のうちに出産する子供の平均数」は1.42人である。人口が減るわけですね。

しかし、興味深い数字があります。完結出生児数(夫婦の最終的な出生子ども数)は、1.96(2010年)である。これは、「結婚している家庭では、だいたい2人子供が産まれている」ことを示しています。つまり、問題は、「結婚した人が子供を産まないこと」ではない。「そもそも、結婚しない、できないことが大問題なのだ」ということです。

数字からわかるのは、「結婚したら、だいたい2人子供産んでいる」のが事実。ですから政府は、「結婚できる環境づくり」をしなければならないのです。

これに関連して私が強調したいのは、「8時間労働の徹底」です。皆さんご存知と思いますが、日本の労働環境は、かなり残酷です。夜の10時、11時まで普通に働いている人も多いでしょう。このことは、日本国に、非常に多くの問題を引き起こしています。

まず、

  • 結婚相手を探す時間がない
  • (結婚できたとしても)子供をつくる時間がない
  • (子供ができたとしても)お父さんはほとんど家におらず、子育てに参加できない
  • お母さんの育児ストレスが甚大である
  • それが原因で「幼児虐待」などが起こる

既にこんな状況なのに、日本政府は、「外国人に家政婦をやらせ、日本人女性にはもっと働いてもらおう」などといっています。日本人女性は、子育てだけでも大変なのに、「もっと働け!」という。「どれだけ残酷になれるのか!?」とあきれてしまいます。

ですから、私は「8時間労働の厳守」主張しています(私は、共産主義者でも、社会主義者でもありません)。

  • 独身の人は、5時に仕事を終え、せっせと彼氏彼女を探す
  • 彼氏彼女のいる人は、5時に仕事を終え、せっせとデートする
  • 結婚した人は、5時に仕事を終え、せっせと子づくりにはげむ
  • 子供ができたお父さんは、5時に仕事を終え、せっせとお母さんをサポートする

もちろん、世の中には、「結婚したくない人」もたくさんいます。それはそれで個人の自由ですが。問題は、「結婚したくても、会社の拘束時間が長すぎてできない」という現状を直すことでしょう。既述のように、日本人は結婚すると、平均1.96人子供を産むのですから。

日本政府は、「残酷資本主義」「ブラック資本主義の是正に真剣に取り組んでいただきたいと思います。「女性活躍」もいいですが、もう少し「女性に優しい社会」をつくっていただきたいです。

Next: 都市圏の人口集中は止められる。地方にとどまりたい人を増やす政策

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー