fbpx

問題:アメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛ける「確率」を求めよ=八木翼

北朝鮮は1年以内に小型核弾頭を完成させることができるか?

アメリカが原子力空母を日本海に配置させるのは、間違いなく焦っているからです。

北朝鮮は、2006年10月に初めて核兵器のテストを行ったと報告しています。それからすでに10年が経過しています。世界ではすでに核の技術が発達しているうえ、お金に糸目をつけなければ、世界中の技術者を北朝鮮にヘッドハンティングできるはずです。その人たちが集まれば、「10年間で核の開発はできない」とは言えないでしょう。

BBCによれば、北朝鮮はすでに核兵器の開発自体は成功しています。あとは、その核兵器を小型化し、核弾頭として実用可能になれば、いつでも核ミサイルを発射できるレベルまできているのです。
※参考:北朝鮮の核兵器開発 どこまで進んでいるのか – BBCニュース(2016年9月9日配信)

この1年で、核の小型化が可能になる可能性は十分にあります。その上で、

  • 米国は、北朝鮮が核兵器を手にする前に叩く
  • 北朝鮮は、自国を守るために核兵器を手にしたい
  • 1年以内に北朝鮮の核弾頭が完成する可能性は十分にある

これらの事実を踏まえると、アメリカが北朝鮮に先制攻撃しないほうが不思議だと感じるのは、私だけでしょうか?

史上初の核戦争が起きるかもしれないというのに、世界はのんきですよね。アメリカは北朝鮮が核兵器を持つことは容認しないと思いますが、もし容認したとなれば、それはそれで平和な世の中が来ると思います。世界中の誰もが動けなくなる状態ですからね。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、『バフェットの眼(有料版)』2017年4月24日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】著名投資家のジム・ロジャーズが「北朝鮮の内部崩壊」を確信するワケ=東条雅彦

【関連】未来予測や株式投資で役立つ!「フェルミ推定」を使いこなす方法=八木翼

1 2 3

バフェットの眼(有料版)』2017年4月24日号より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

バフェットの眼(有料版)

[月額864円(税込) 毎週月曜日]
世界一の投資家、ウォーレンバフェットの投資方法を参考に、日本の会社を分析するメルマガです。「株をやったけど全然うまくいかなった。」「デイトレードなんてやってる時間ないよ。。。」という方にぴったりのメルマガです。私自身が実験台となり、本格的な長期投資を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい