fbpx

杞憂に終わるビットコイン分裂懸念。バブルではない本格相場は目の前だ=メダカ

ビットコイン分裂の懸念は杞憂に終わり、ここから右肩上がりの相場に転じると見ています。でもそれは決して「暗号通貨バブル」ではありません。(『【確定版】メダカの仮想通貨・ビットコイン投資』メダカ)

※本記事は有料メルマガ『【確定版】メダカの仮想通貨・ビットコイン投資』2017年7月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:メダカ
横浜在住の会社員。学生時代から株や商品相場を追いかけ、最近は仮想通貨(暗号通貨)投資に重点を置いている。仮想通貨取引所「コインチェック」のチャットにときどき出没。国際情勢についても造詣が深い。

収束に向かう規格分裂懸念。ビットコイン相場の今後の見通しは?

反転上昇へ

足下のビットコイン相場は下落基調を続けてきましたが、早ければ来週(7/23~週)には「混乱は収束へ」という報告ができるかもしれません。というのは、懸念されているビットコイン分裂に対する解決案の1つである「Segwit 2X」が21日にリリースされるからです。

私はこの案で決着する可能性が高いと考えています。波乱の原因をつくっていたJihan Wu氏率いる中国の最大手マイナー「Bitmain」も受け入れを表明しているため、新たな問題点が指摘されなければ解決という見方が急速に広まり、相場が反転するシナリオを予想しています。
※参考:Jihan Wu氏のTwitterアカウント

今月30日発行の当メルマガでは、8月1日を待たずに、今とはまったく違う様相について書いていること期待しています(※注:本稿執筆時点 7月17日 00:00)。

(※7月20日追記:ここ数日、分裂懸念について様々な動きが新たに伝えられていますが、ビットコインがどのような形になるにせよ方針が決着することが最大の買い材料になるため、8月になれば相場は反転する確信があります。著者:メダカ)

ただ、世間では悲観的な見方も依然として根強いものがあります。メディアでも現在の調整がバブルの破たんであるとか、その日が近いという捉え方が伝えられています。
※参考:今は崩壊必至の仮想通貨バブル、それでも投資検討-アバディーン – Bloomberg(2017年6月26日配信)

そこで、今回は暗号通貨バブル説について考えてみたいと思います。

「バブル」とは何か?

私が大学生だった頃、集中講義にやってきた東大の小宮隆太郎教授の授業で、初めてバブル経済という言葉に接したのを覚えています。「実態が伴わないのに泡のように膨らんだ経済は、やはり泡のようにぱんとはじけてしまう」という考え方は、非常にインパクトがありました。当時、日本はバブル経済の真っただ中でしたが、まだバブルという言葉は日経などメディアには出ていなかったと思います。

たまに誤解されますが、バブル経済は好景気とは別のものです。景気が良いのは共通していますが、過度な信用創出によって、実態以上に経済規模が膨らんでいるところがポイントです。

Next: ビットコイン相場と、平成バブルや17世紀チューリップバブルの違い

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい