fbpx

都心一等地のマンション大家さんに「家賃保証」は本当に必要なのか?=姫野秀喜

「家賃保証が得になるケース」は存在するのか?

それでは、結局、どれくらい空室が発生したら、家賃保証の方が得なのでしょうか

上記の例ですと、そのまま貸し出せば月々15万円で、2年間で360万円の家賃収入が得られます。それに対して家賃保証の場合は、2年間で240万円です。この2年間の差額120万円を安いと見るか高いと見るかは人それぞれですが、私は高いと感じます。

仮に2年契約の切れ目で、空室が4ヶ月発生しても、損失は60万円、8ヶ月空室になって、はじめて120万円の差額と同等になります。通常、都心の超人気エリアで、8ヶ月もの長期間の空室が発生することはよほどの理由がない限り、まずありえません

つまり、ありえないくらい極小の確率で、長期間、空室が発生するという状況に遭遇しない限り、家賃保証で得することはないのです。

甘言は毒であり諫言は薬である。甘い言葉を鵜呑みにせず、常に数字を見て冷静に判断することを心がけましょう。

【関連】あなたは勝ち組?負け組? 首都圏鉄道「沿線格差」の実態を解説した良書!=姫野秀喜

【関連】不動産業界がモデルルームに仕掛ける「騙しの心理テクニック」いろいろ=姫野秀喜

【関連】「早く大地震が来てほしい」築古マンションが直面する苛酷な現実とは=廣田信子

1 2

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2016年11月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー