fbpx

まさに無政府状態。朴槿恵大統領を「断頭台」に送り込み自滅する韓国

今回は朴槿恵大統領の一連の事件について見ていく。今月9日、与野党の議員234名が賛成し、弾劾案が可決された。これによって朴槿恵大統領の職権は停止、大統領の地位から引きずり下ろされた。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2016年12月11日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

現実には「承認されそうにない」弾劾案が万一通ったら何が起こる?

大統領の座から引きずり下ろされた朴槿恵氏

朴槿恵大統領の一連の事件について見ていく。今月9日、与野党の議員234名が賛成し、弾劾案が可決された。これによって朴槿恵大統領の職権は停止、大統領の地位から引きずり下ろされた。また、大統領の代わりは首相が務めることになるのだが、野党は大統領に選ばれた首相には協力しないと発言している。

「弾劾」という法律に則った制度を使ったのに、その法律で定められた大統領の代行には協力しないというダブルスタンダード。私はこれを見て、韓国で1番問題なのは次期政権を担うであろう野党の議員だと痛感した。だが、もう遅い。匙は投げられて、後は憲法裁判所の判断待ちとなった。最長で180日。早ければ数ヶ月以内でも、弾劾案を承認するかが決まるらしい。

【関連】処刑か?暗殺か?韓国・朴槿恵大統領の「悲劇的最期」が近づいている=黄文雄

憲法裁判所は了承するのか

この弾劾案の承認に必要な裁判官は、9人中6人となっている。しかも、任期切れで2人の裁判官は投票できないらしく、実質は7人のうちの6人というハードルである。ただでさえ、弾劾の承認ハードルは高いわけだが、2人が反対すれば弾劾は取り消しとなり、朴槿恵大統領が復権する。情緒主義の韓国人なので、弾劾案が通る可能性も大いにある。

私は弾劾案が通るとは考えていない。そもそも、朴槿恵大統領の法律違反はどこまでかという問題がある。逮捕されるほどの重罪を犯しているようには到底思えない。朴槿恵大統領は取り調べを受けたわけでもない。セウォル号の惨事の初日、空白の7時間で何をしていたのかは未だにわかっていない。新しく整形手術疑惑が浮上しているが、それが真相かはわからない。

どのような罪で弾劾を了承するかは非常に難しいだろう。しかも、その判断は今後の韓国の大統領が弾劾される度に、通例として残り続ける。不用意な理由付けで弾劾を了承すれば、今後、国民が抗議デモを起こせば大統領が代わるという誤解を生む。いや、誤解はもうすでに起きているわけだが。

日中韓首脳会談は延期

朴槿恵大統領の弾劾案可決により、事実上「無政府状態」となった韓国。12月に行われる予定だった日中韓首脳会談は延期となった。こうして朴槿恵大統領の訪日は叶わぬまま、水泡と化した。日本の管官房長官は「特に影響はない」「何ら影響はない」と述べている通り、実際に影響はない。韓国なんかより、世界はトランプ大統領の誕生を注視している。

Next: 次期政権は反日化? 韓国の悲劇的な状況に北朝鮮と中国が大喜び

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい