fbpx

まさに無政府状態。朴槿恵大統領を「断頭台」に送り込み自滅する韓国

北朝鮮と中国の情報操作

私はくだらない抗議デモでまさか弾劾まで進むとは思ってもいなかったのだが、北朝鮮と中国の情報操作が実に巧みだったとしか言いようがない。この弾劾を勝ち取った抗議デモを、韓国人は「名誉革命」と呼んでいるそうだ。しかし、自分たちで選んでおいて、気に入らないから降ろすのが名誉ある革命なのか。到底、民主主義とはかけ離れている

しかも、弾劾が決まっても、未だに「朴槿恵大統領を自ら辞任せよ」という声がある。逮捕してギロチンにかけない限り、怒りは収まらないらしい。名誉革命などという話ではない。どう見ても、韓国人は朴槿恵大統領が断頭台で消えるのを待っているかのようだ。大統領をどうにかしたところで、自国の経済危機はどうしようもないのだが…。

北朝鮮は大喜び

朴槿恵大統領の弾劾が決まり、北朝鮮は大喜びである。その理由は、次の政権では確実に北朝鮮・中国・反日寄りとなり、THAAD配備決定も白紙にされる可能性が高いからだ。

朴槿恵大統領は、北朝鮮に対して(歴代大統領と比べると)厳しい対処をしていた。しかし、今年の初めに起きた北朝鮮の水爆実験の時に、中国がホットラインに出なかったことがとてもショックだったようだ。そのことから、THAAD配備を決定した。中国寄りに立っても国民を守れないという英断だったわけだが、それが正しく評価されることはなかった。しかし私は、韓国人も20年後にはきっと正しく評価すると考えている。それまで国があればの話だが。

今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)
5日 1989.86 1171.40 581.35 255.45 -44億
6日 1991.48 1169.60 581.56 255.75 858億
7日 1991.89 1167.90 578.52 256.15 779億
8日 2031.07 1158.50 584.62 260.80 357億
9日 2024.69 1165.90 594.35 258.20 569億

先週の韓国市場は、KOSPIが2000台を回復するなど好調だった。弾劾案が可決されたことで今週はどうなるのか注目だが、市場にそれほど大きな影響はなさそうだ。それよりも、米国の利上げである。利上げの時期は13日・14日という意見が多い。市場に影響が出るのは今週ということになる。利上げは確実であり、しかも、来年は利上げのペースが早まるという。韓国経済にとって利上げは死活問題なので、今後も利上げ情報は注目だ。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2016年12月11日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】朴槿恵政権「支持率5%」大崩壊で日韓慰安婦合意が白紙に!? 黒幕は誰なのか

【関連】大阪寿司店「わさび大盛りテロ」の考察~韓国による自作自演の可能性も

【関連】海外カジノ業者と国内パチンコ大手のタッグに「毟りとられる」日本人=施光恒

1 2

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2016年12月11日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー