fbpx

【8月米雇用統計】今のドル円で突っ込みトレードは禁物!109~111円を想定=ゆきママ

9月1日の月初にいきなり雇用統計が発表されます。巨大ハリケーンの影響も心配されるところですが、この記事を読んでしっかり疑問を解消していただければと思います。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

押し目買いか?戻り売りか? ドル/円は値幅が出にくい相場環境

基本的に「ハービー」の影響はなし!

まず、今回の8月分の雇用統計については8月25日に上陸したハリケーン「ハービー」の影響を気にしている方も多いと思います。なんせテキサス州ヒューストンを直撃して57兆リットル以上の雨を降らせ、800年に1度とも言われる規模の大洪水となってしまいましたからね。

しかしながら、心配はご無用! 雇用統計は12日を含む週についての調査を行いますから、まず影響は考えられません

つまり、8月の調査対象の週は6日から12日にかけてで、家計調査においては12日を含む週に働いた約6万世帯に対して電話や訪問によってヒアリングを行い、事業所調査では毎月12日を含む賃金支払い期間における賃金や労働状況について回答を求めますから、今回の雇用統計についてはハリケーンの影響を想定する必要はほぼないでしょう。

ただ、ハリケーンに備えた動きというのも多少はあるため、必ずしも影響がゼロというわけではありませんが、基本的には無視できると思います。もちろん、来月発表される9月分はハリケーンの影響バリバリなので、その点はご注意いただければと思います。

ADP雇用報告は強めで上振れも?

先行指標を見ていくと、今回は日程の関係からISM(供給管理協会)の数字は雇用統計後ということになるためヒントが少なめです。それでも、ADP雇用報告民間企業の統計における雇用者数は強めの数字となっていますから、もしかすると上振れのサプライズがあるかもしれません。

先行指標の結果(数値はいずれも速報値)と雇用統計の事前予想値

先行指標の結果(数値はいずれも速報値)と雇用統計の事前予想値

ADPと本番の雇用統計に強い相関はないですが、今週に入ってからというもの強めの指標に反応してドルが買われていますので、雇用の伸びが予想を上回って非農業部門雇用者数が3ヶ月連続で+20万人台を超えてくれば、素直に好感してドル買いが強まる可能性はありそうです。

もっとも、最重要なのは平均時給(賃金上昇率)ということになりますが、もはや期待しているほど伸びないというのが恒例となりつつありますから、予想並であれば、むしろ雇用者の伸びを重視するかもしれません。

ちなみに、平均時給の事前予想値は前月比+0.2%、前年同月比+2.6%とのことで物足りなさは残っています。相場の雰囲気が変わるためには、前年同月比で+3.0%に近い数字が出ることが必要でしょう。

Next: ドル円の基本はレンジ相場。あえて勝負するなら売りから入りたい

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー