fbpx

もし連騰が途切れても強気が吉! 日経平均は2万4000円を目指している=武田甲州

日経平均株価が一気に21000円台に乗せてきました。96年12月以来、21年ぶり。若干の過熱感はあるものの、来年3月までにはまだまだ上値がありそうです。(『証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』武田甲州)

武田甲州(たけだ こうしゅう)
ストラテジスト、証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。宮崎県出身。熊本大学法文学部卒。山一証券にて個人・法人営業、投信開発などに従事。その後、地銀や証券会社等の勤務を経験。全般相場見通しはもちろん、証券アナリストの視点で景気や為替動向、社会動向までを見通した分析を行っている。

【関連】サラリーマンの「一生働かずにすむ金が欲しい」はなぜ危険なのか?=午堂登紀雄

【関連】「2018年秋分の日、1ビットコインは220万円に到達する」最新未来予測=高島康司

PER16倍で2万2912円。日経平均株価、下半期の妥当水準を分析

日経平均、一気に21000円台へ

日経平均株価が一気に21000円台に乗せてきました。96年12月以来、21年ぶり。若干の過熱感はあるものの、来年3月までにはまだまだ上値がありそうです。

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

まずは、最新の日経平均株価の指標をみてみます。

日経平均株価の指標(17年10月13日現在)

日経平均株価:21155.18円
PER:14.77倍
PBR:1.28倍
配当利回り:1.69%
EPS(1株利益):1432.31円(過去最高水準)
PBS(1株純資産):16527.48円(同上)

2014年以降のPERは下記の範囲で動いてきました。
2014年:13.46~16.82倍
2015年:13.37倍~18.19倍
2016年:12.62倍~16.64倍
2017年:13.67倍~16.60倍

ということで、妥当な日経平均株価の水準は、1株利益1432円として、PER15~16倍が妥当と計算して、下記となります。
PER15倍=21480円
PER16倍=22912円

今後の見通し:まだまだ上値が大きい

今後の見通しですが、11月にかけての決算発表に注目です。堅調な企業業績見通しを背景として、日経平均株価の1株利益は1450~1500前後以上に上がってくると思われます。

そうなるとPER15~16倍で、21600円前後~24000円前後までが下半期の日経平均の妥当な水準となります。ということは、まだまだ上値が大きいと考えていいでしょう。

直近の騰落レシオが137.90倍まで上がってきています。相場にやや過熱感が出てきていますので、どこかで相場が休むかもしれませんが、強気継続でもかまわないと思われます。

※なお、高値更新中の米国株のPERは20倍前後まで上昇してきています。背景には連邦法人税率引き下げ(35%から20%への引き下げ)を伴う税制改革への期待があります。したがって、もし税制改革に成功すれば、現在のPERは決して高いものではないということが言えます。

【関連】日本発地獄行き。「念願のマイホームを買う」という幸せゲームの末路=鈴木傾城

【関連】いくらで人生逃げ切れる?超少子高齢化社会の「ハッピーリタイヤ」入門=俣野成敏

【関連】「40~50代で貯金ゼロ」なら何をすべき?崖っぷち世代の貧乏脱出術=午堂登紀雄

【関連】不正蔓延で株価急落、堕落した神戸製鋼に「明るい未来」はあるのか?=栫井駿介

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』(2017年10月15日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム

[無料 週刊]
証券アナリストが投資や資産運用に役立つ経済の動きや個別銘柄を先読みあるいは深読みした情報を提供するものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい