fbpx

「貧乏な家の子どもほどスマホ・ゲーム保有率が高い」調査結果に想うこと=三宅雪子

社会保障が大きく後退している

1年に1度、住んでいる自治体の福祉窓口で、障害のある弟のために「障害者のための福祉サービス一覧」をもらいます。黙っていたら届くものではありません。窓口の方に「新しいサービスはありますか?」と訊いたら、「最近は減ることはあっても増えないんです」とのこと。

消費税増税の際、条件は「社会保障の維持・充実」でした。私は当時から「維持はともかく充実?」と思っていましたが、まさかここまで社会保障が大きく後退するとは想像だにしませんでした。我が家は福祉サービスを受ける側ですからとくに実感します。

なぜ福祉軽視の自民党が勝つのか?

じゃ、どうしてそれでも自民党が勝つの?と思われるでしょうが、福祉や介護に携わっている方々は忙しくて投票に行くのもままらないし、「自分の1票で変わらないでしょ」という諦めの気持ちがあるようです。

昔から「福祉は票(とお金)にならない」と言われていて、しかるに福祉系議員は選挙に強くないんです。2012年以降、国会の福祉畑の議員がごっそり落選してしまい、団体や組織も「困った!」とはなったらしいのですが、後の祭り。せめて「投票に行こう」の啓蒙だけでも、関係各所にはやって欲しいと願うところです。

今回(2017)の選挙では、福祉畑のエースで京都6区の山井和則さんまで九死に一生でした。当選できたから良かったようなものの、気が気でなかったです。

私はそもそも山井さんの「希望の党」行きに反対だったのですが、政局にあまり関心がない山井さんは代表の「全員で合流」の言葉に組織が決めたことだからと、あまり考えずに同意してしまったのかなと。それが甘いんだと私までお叱りを受けました。「中山成彰さん(差別的発言がよく問題になるので)と山井和則さんが同じ党にいるって、どうなんですか!」主にはこんなご意見ですね。

日本は申請主義

話はそれましたが、医療・福祉は、政策やその変更を知っていると知っていないとでは、大きな差がつきます。新聞もテレビも読まない高齢者の方は、ある日突然、医療負担が2倍となってびっくりということもあるかもしれません。医療機関に張り出してはありますが、ああいったものを見る人がいるのかどうか

【関連】【レイプ疑惑】元TBS記者・山口氏「言い逃れ」の絶対感覚、その源流とは=三宅雪子

日本は申請主義です。黙っていても、福祉サービスは受けられません。コンビニで売っている「社会保障一覧表」は便利ですよ。あとは口コミですね。

微力な私ですが、せめて発信することで、社会のお役に立てたらと思います。

続きはご購読ください。初月無料です<残約3,300文字>


※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2017年11月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL134(11/10)

・土地に関してのエトセトラ
・貧しさとは
・内紛?
・申請主義
・本について思うこと

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL133(11/3)

・国会は野党にためにある
・びっくり判決
・トランプ氏来日
・ブラック ボックス
・守り

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

11月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL132(10/27)

・選挙
・希望の党
・麻生さんと難民
・発達障害の難しさ
・尊敬できる財界人

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL131(10/13)

・辞める首相 辞めない首相
・棄権の意味
・説明疲れ
・国民投票
・(予算委員会分科会)内閣

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL130(10/6)

・知的障害者の早期加齢問題
・ネット工作
・ネットとリアルの礼儀作法
・流血事件
・フェイクニュースの時代

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL129(9/22)

・堺市長選挙
・解散風
・1日寝かす
・印象操作
・選挙をなめるな

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL128(9/8)

・異次元の圧力?
・積ん読
・対話のための圧力?
・なりすまし
・ヘイトなスピーチ

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL127(9/1)

・臨時国会取り急ぎ
・人間のエゴ
・『人をみたら顧客と思え』土光敏夫
・日本人の中で『私信』の概念が全くなくなっている
・永田町恋愛サスペンス小説『議員会館で恋をして』第27話

【関連】東京五輪9万人ボランティアという「やりがい搾取」に反対します=三宅雪子

1 2

三宅雪子の「こわいものしらず」』(2017年11月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

三宅雪子の「こわいものしらず」

[月額880円(税込) 毎月第1金曜日・第2金曜日・第4金曜日]
3年3ヶ月の与野党国会議員の経験を生かし、三宅雪子独自の語り口で、あたたかみのある中にも、言うことは言う「こわいものしらず」なコラムを展開します。加えて、「教えて!○○さん」「名言・迷言・明言」「永田町コトバ」「ヒトリゴト」「話はそれますが…」など、私的なコンテンツもローテーションでお届けする予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー