fbpx

「史上最長の景気回復」で日経平均株価と家計消費はどこまで伸びる?=山崎和邦

「史上最長」景気回復6年目を迎える

景気は回復局面に入ってから満5年、拡大期に入ろうとしている。「いざなぎ景気(旧経企庁命名)」(1965年~70年)の57ヶ月よりも、また、「いざなみ景気(俗称)」(郵政改革相場の前後)よりも長く、回復期から5年を経て拡大期に向かうことになる。

しかし、その勢いはまったく違う。いざなぎ景気の頃は、GDPは7~10%伸びた。今は年率2%だと言って市場は喜んでいる。この勢いが当時とまったく違う。ただ、労働総数が増えたため、国内全体で見た場合の名目雇用者報酬は四半期続けて前期を上回ってきた。これが消費者心理を改善し、「節約々々」から「消費」へ向かえば、脱デフレへの見込みがまんざらないことでもない。

ただし、伊藤元重元東大教授(現学習院大学教授)は、「社会保険料の負担増を考えると家計の可処分所得は増えていない」と言っている(12月13日付「日経新聞」より)。この人は何かあるとどこへでも口出しするし、顔も出す。解説は的確だが、彼には洞察というものがない(と筆者には見える)。

【図5】

171219yamazaki_5

【図6】

171219yamazaki_6

【図7】2017年相場も残すところ2週間、日経平均の年足は6連続「陽線」となろう

171219yamazaki_7

続きはご購読下さい。初月無料です<残約15,000文字>

世界のGDP成長率(次週に詳細述べます)

強気相場は終わっていないがリスクも終わっていない

日経平均VI大幅低下

半年後の予想も強気の機関投資家

外国勢の投資行動のパターン

海外投資家は日本株をどう見ているか

FRBに利上げの悩み

欧州のポピュリズム化の流れを止めたマクロンだが.

北朝鮮問題─北朝鮮対応のトランプの無策

アメリカに「財政のガケ」はない

「地銀、好況でも迫る危機」

トランプと金正恩

デフレ脱却へ「薄日」か

日銀という大株主

トルコリラについて

老後資金はいくら必要か

Nさんへの「トルコリラ建て債券について」の返信(12月13日)

「資金ポジションについて」の質問(13日)

「地銀株上昇は相場下落の予兆か」について(13日)

Uさんよりの「12/10号の(7)のトリプルA格の8~10%のクーポン率でのところもう少し説明いただけませんか?満期まで持つということでしょうか?」について


※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」*相場を読み解く』2017年12月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】暴騰するビットコインの未来をゴールドマンと「1%の富裕層」はどう見ているか?

【関連】次の10年、全人類の仕事を奪う人工知能(AI)に殺されないための投資術=鈴木傾城

【関連】「株価上昇操作」を目的に生まれたETF(上場投資信託)の知られざる闇

1 2

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2017年12月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー