fbpx

オバマ大統領がG7でドル高を問題視した発言を!?この状況はブラック・マンデーと良く似ている

G7にてオバマ大統領が「強いドルは問題」と発言したと、フランスの当局者が記者に向けて述べ、それをホワイトハウスが否定したということがありました。資産管理の専門家・藤井まり子さんは、この発言に1987年に起きたブラック・マンデーの暗い記憶が蘇ってくると伝えています。

オバマのドル高発言にホワイトハウスも真っ青

日本時間で6月8日の夕刻、オバマ大統領が「ドル高は問題」と、オフレコでぼやいてしまいました!

こういった「アメリカFRBが利上げを模索し始めていて、ギリシャ危機が進行中の、金利市場がとてもナイーブになっている時に、アメリカのお偉いさんが、ドル高は問題」と発言してしまった事件というか、オフレコとはいえ公式の場で「ドル高をぼやいてしまった」事件で、鮮明に蘇る(よみがえる)のは、27年前の1987年10月の「ブラック・マンデーの暗い記憶」です!

今現在の内外のマーケットは、「ブラック・マンデーが起きた1987年当時」と、とてもよく似たところがあるのです。

1987年当時も、アメリカでは、「新任のグリーンスパン元FRB議長」が、「利上げ着手を模索」していました。

さらに、当時、ウォール街では、初めて、「金融工学とコンピューターを駆使した高速取引」が急速に普及し始めていました。特に、「ポートフォリオ・インシュランス」といった「先物を駆使した高速のヘッジ取引」が大流行していました。この「ポートフォリオ・インシュランス」という高速取引は、相場が上昇しているときは良いのですが、いったんマーケットが下落し始めると、コンピューターが勝手に自動的に売り注文を出してしまうために、売りが売りを呼んでしまうという「大きな欠点」を持っていました。

1987年、夏場のアメリカ株式市場は、薄商いの中で、「まだ若かりし新米のグリーンスパン議長」の「利上げ模索」をいたぶってあざ笑うかのように、言い換えると、「新米のグリーンスパン議長の利上げ模索」に挑発するかのように、株式市場は、低ボラティリティーの中でぐんぐんとコンスタントな上昇をたどっていました。

(平和時のアメリカ株式市場って、どこかしら、新米の議長には、「暴落という名の洗礼」を浴びせたがる習慣があるような気がします。新米の時のバーナンキがこの洗礼を免れたのは、本当に、「100年に一度の危機」が起きたからではないでしょうか・・・)

「新米議長による利上げ模索」といい、「高速取引の急速な普及」といい、「薄商いのなかでのコンスタントな株価の上昇」といい、28年前のブラックマンデーの時と、今現在の内外のマーケットとは、どこかしら酷似していませんか?

そういった中、1987年秋に、ベイカー・アメリカ財務長官が、なかなかドル安が始まらないことに業を煮やして、「ドル安容認発言」を行ってしまいます!この時、アメリカ国債の利回りは急騰!!!

当時もPERが20倍を超えていたアメリカ株式市場では、大激震が走ってしまったのです!NYダウは、「史上最大の下げ」を演じてしまいます。!

1987年10月19日月曜日、MYダウは、わずか一日で508ドル、22.6%という大暴落を記録しました!この下げ幅は、「1929年の世界恐慌」の引き金となった「暗黒の木曜日」の下落率:12.8%を超えるものでした!この「ブラック・マンデー」の大暴落は、翌日には、アジア、ヨーロッパ・マーケットへと波及してゆき、世界同時株安となりました。

1987年10月の「ブラック・マンデー」時、新米のグリーンスパンは迅速に流動性供給で対応、マーケットの信頼を獲得して、その名をゆるぎないものにしてゆきます。日本では、日銀が迅速に利下げに着手、日本経済は大型バブルへと駆け上がってゆきます。

「アメリカ国内では、今現在のアメリカのマーケットと、1987年当時のアメリカのマーケットとが、やたら酷似しているんじゃないか!?」と、警戒している向きも少なくないのです!

こういったナイーブな時期に、オバマ大統領がG7でオフレコとはいえ「ドル高は問題」という「ぼやき」を行ってしまったのです!

ホワイトハウスが真っ青、ご高齢のイエレン&フィッシャー各氏も、腰が抜けそうなくらい驚いたことは、想像に難くない(かたくない)でしょう。

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』6月9日号より一部抜粋

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい