fbpx

割安感が強まる日本株。為替が戻り始めれば日経平均は急騰へ=武田甲州

日本株は市場の激変でいったん立ち止まりましたが、割安感が強まっています。落ちつけば徐々に上値を取りに向かい、為替が戻り始めれば急騰するでしょう。(『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』)

※本記事は有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』2018年2月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

デフレ解消こそが株価の特効薬。今回の米国株安の引き金は…?

物価上昇=株安は間違い

今回の米国株発の株安について、米国物価上昇が米国株安の引き金を引いたという人がいるようですが、これは間違いです。

株式は本来インフレに強く、むしろ物価上昇がある程度あったほうが株価も上がりやすいからです。

今回株安を主導したのはイレギュラーな金融商品が出回って、その存在感が大きくなり過ぎたからだと思います(先物やオプションなど犬のしっぽに相当する部分が胴体である株式市場を振り回した、と思ってください)。

物価上昇は株価にプラス、デフレは株価にマイナス

足元の世界景気は好調で、とりわけ米国は景気拡大、完全雇用、しかも直近の物価は前年同月比2.1%上昇。

明確に言いますが、物価上昇は株価にプラス、デフレは株価にマイナスです。物価上昇は企業業績にとってプラスに働きますし、保有する資産の価値も上がるからです。デフレだと逆です。

日本は失われた20数年間、デフレに苦しんだことを忘れてはいけません。日経平均株価がいまだに1989年末の高値3万8,915円を超えられない原因もデフレです。

デフレ解消=物価上昇」が株価にとって一番効果のある薬だということを、改めて認識すべきと考えます。

割安感が強まる日本株

日本株市場は市場の激変でいったん立ち止まりましたが、割安感が強まっています。落ちつけば、徐々に上値を取りに向かうものと考えます。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

なお、最近の状況ですが、直近日経平均株価のEPSは1679.83円(※編注:原稿執筆時点2月18日)。PERは12.93倍。PER15倍で2万5,200円。16倍だと2万6,900円。

ちなみに、2016年のPERの最高は16.64倍、最低は13.67倍。

足元の為替が円高になっても戻り足歩調になっているのは、日本株が割安だからです。為替が少しでも戻り始めれば日本株は急騰するでしょう。

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』2018年2月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

・物価上昇=株安は間違い(2/19)
・米国株安(2/12)
・時価総額が大きくなる企業(2/5)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※2月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

1月配信分
・企業の置き換え(1/31)
・やはり、日銀政策は徐々に変更される(1/22)
・18年も日銀「金融政策」は不変(1/15)
・日銀の政策変更?(1/8)
・低成長、低インフレ、金余り時代の資産形成(1/1)

12月配信分
・チューリップバブル(12/25)
・ビジネスモデル(12/18)
・18年は円安・株高(12/11)
・ガラパゴス税制(12/4)

11月配信分
・バックトゥザ4万円(11/27)
・キャッシュレス社会(11/20)
・株の話題が増えたのはいいこと(11/13)
・FRB次期議長にパウエル氏(11/6)

【関連】ビットコイン元信者が嵌まる「次の罠」なぜ彼らは現実から目を背けるのか?=鈴木傾城

【関連】平凡で幸せなお金持ちが「踏み台にする会社」はなぜ古くてダサいのか?=午堂登紀雄

【関連】ユニクロも焦る、業績絶好調のZOZOが始める新ブランドの破壊力=シバタナオキ

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』(2018年2月19日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム

[月額540円(税込) 毎週月曜日]
証券アナリスト武田甲州が、経済やマーケットの先読み・裏読み情報を毎週月曜日に発行。2008年3月のセミナーでは米国で最大300兆円の公的資金投入を予想。2008年9月末時点で米国のゼロ金利、量的緩和政策実施を予測するなど大胆な未来予測情報もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい