fbpx

9月利上げは遠のいたのか?米エコノミストの意外な見解をまとめてみた=FXブロガー・ゆきママ

先週のマーケットは混乱気味、特に株式市場を中心に荒れた展開となっています。一番の問題は中国経済の減速感ですが、米国の9月利上げが遠のいたとの指摘もあり、読者の方からも質問が複数寄せられましたので、今回は米国内のエコノミストの見解をまとめてみました。(FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

米国内でいまだ根強い「9月利上げ説」日本との温度差が鮮明に

すでに日本国内では9月利上げは難しいとの見方が支配的になっていますが、米国内ではいまだに五分五分かそれ以上の割合で、9月に利上げがあるのでは指摘されています。

9月利上げ派は、1ヶ月前と比べて3割近く減ってしまったことから、確かに利上げ後退が意識されているのは明らかですが、日本と比べればかなりの温度差があることが伺えます。

この理由としては、やはりFRBを中心とした米金融界全体が、異常な金融緩和が続いている現状に、相当な危機感を抱いているからだと言われています。

すでにアメリカは異次元の債券購入は終了していますが、ゼロ金利は続いています。リーマンショック前の政策金利が5%台だったことを考えれば、いかに異常な状態が継続しているかがお分かりいただけるでしょう。

ここ最近は、住宅関連指標が近年にない高水準を記録していますが、実態としては投資用としての購入が多く、中間層以下が手に入れられていないといったレポートもありました。

株価も天井知らずで伸び続け、金融市場への投資で巨額の利益を得た富裕層が、まさに買い占めているといった現象が目立ち始め、格差の拡大や市場の歪みといったバブルの副作用がどんどん大きくなっていることが、無理をしてでも早めに引き締めを行うのではという見方の根拠となっているんですね。

今後発表される経済指標次第ではあるものの、調べた限りでは、相当な落ち込みがない限りは利上げに動くのではないか、という見方が一番多かったです。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

ドル円 日足(SBI証券提供)

ドル円 日足(SBI証券提供)

上海総合指数 日足(SBI証券提供)

上海総合指数 日足(SBI証券提供)

もちろん、特に中国株が今後も下がり続けるようだと、FRBは利上げを躊躇うだろうとされていますので、中国の動向を含めて冷静に対処していきましょう。

ゆきママのブログでは書けないFXレポート』(2015年8月22日号)より一部抜粋、再構成
※太字とチャート画像はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ゆきママのブログでは書けないFXレポート

[無料 ほぼ 月刊]
「普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続)」というブログで日々の相場・値動き、トレード結果についてまとめさせていただいているゆきママです(。・ω・))(。uωu))ペコリ 最近は雑誌などでも取り上げられているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このメルマガでは普段のブログでは書けないような、FXの運用情報についてまとめて行く予定です。ちなみにメルマガ記載のメルアドに質問いただければ、一部になりますがメルマガ内でお答えしていきたいなと思っていますので、どうぞよろしくお願いします(∀`*ゞ)

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい