fbpx

これで底打ちか?今後は「アベノミクス継続の有無」が最大のポイント!

26日の日経平均は7営業日ぶりの大幅反発となりました。いよいよこれで底を打ったということになるのでしょうか?日本インタビュ新聞社が配信する無料メルマガ「日刊株式投資情報新聞」の人気コンテンツ「どう見るこの相場」ではQ&A形式でわかりやすく今後の展望についてのポイントを伝えてくれています。

短期底入れも、中期では「アベノミクス継続の有無」が最大のポイント、10月は金融緩和の可能性も

<Q>よく下げた。底打ちとみていいか。
<A>8月11日につけた直前高値2万0946円から今朝(26日)の安値1万7714円(共に場中=ザラバ値)まで値幅で3232円、率で15.4%下げた。わずか、11営業日でこれだけの下げは、「大暴落」と表現される。24日と25日の東証1部出来高は40~47億株と膨らんだ。当然、売り先行による出来高急増といえるから、「投げ」が一気に出たといえる。もちろん、まだ売りたいと思う様子見の株は多く残っているとみられるが、見切りの早い短期筋の売り物はほぼ出尽くしたように思われる。日経平均は底に届いたと思われる。

<Q>まだ、売りたいと思う株は残っているということだが。
<A>たとえば、シコリ株を見るのに適している東証信用買残でみるとピーク水準の約51億株(昨年)に対し約46億株と高水準にある。一時は40億株程度まで減少していたが、日経平均の2万円台乗せと共に増加した。現物株のシコリを含めると、相場が戻れば売りたいと思っている株数はそうとう多いと思われる。

<Q>今後は中国がポイントか。
<A>もちろん、中国経済の先行きは大きい問題だ。しかし、それ以上に日本の経済、景気がどうなるかということがより大きい問題だ。中国が悪いからわれわれ日本はガマンしましょうということではない。それなら、日本の総理は要らない。

<Q>日本自体がどうするかということか。突き詰めれば、アベノミクスがどうなるかということか。
<A>その通りだ。アベノミクスの象徴でもある「株価」が崩れていることは、アベノミクスに対する疑問が台頭していることだ。あと、1カ月ほどとなった現国会で安全保障関連法案成立を最優先としているため今は経済、景気には目が向いていないが、国会終了後、安倍政権が経済にどう向き合ってくるかが最大のポイントといえる。

<Q>安倍総理の健康問題も巷で囁かれているが。
<A>その点も気がかりだ。2012年暮れの日経平均9500円前後からスタートしたアベノミクス相場は今年6月の2万0952円まで約2.2倍となった。アベノミクスによる日本経済再生が続くのなら6月の高値は天井とはいえないが、仮に、アベノミクスが終わるということなら6月高値は天井とみなくてはいけない。
短期的な底は入ったと思われるが、中期的には、「アベノミクス継続の有無」が最大のポイントといえる。ただ、過去2回の日銀の量的緩和は、「4月」と、「10月」に行われているので、今年の「10月頃」はウオッチしておきたい。

日刊株式投資情報新聞』2015/8/26号より一部抜粋
※太字はマネーボイス編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー