fbpx

溶けた年金7兆円。GPIFの「分散投資」が逆効果になったワケ=元ファンドマネジャー・近藤駿介

世界同時株安の影響で、公募投資信託の8月の運用損失が5兆6718億円に拡大したことが報じられています。これについて、元ファンドマネジャーの近藤駿介氏は、「公的年金(GPIF)が公募投信以上の損失を受けていることは想像に難くない」としたうえで、「分散投資」を進めるほど「分散効果」が得られなくなる、ゼロ金利下の資産運用リスクを指摘しています。

GPIF、5四半期かけ積み上げた運用収益の約4割、7兆円を喪失か

公募投信を18.31%上回る、公的年金の株式構成比

中国の人民元切り下げに端を発した世界同時株安の影響が、投資信託の8月の運用損失が1ヶ月で5兆6718億円に達するという形で表れました。

この株価の下落により、5月に100兆円の大台を突破した純資産総額も4ヶ月ぶりに大台を割り込み、96兆6387億円となりました。

投資信託協会は11日、公募投資信託の8月の運用損失が5兆6718億円(7月は3218億円の損失)に膨らんだと発表した。損失額はリーマン・ショック直後の2008年10月(10兆3181億円)以来、約7年ぶりの高水準。株安や円高で運用が悪化した。
出典:公募投信の運用損失5.6兆円 8月、7年ぶり高水準 :日本経済新聞

投資信託が大きな運用損失を出したことが明るみになったことで懸念されるのは、公的年金です。公募投資信託の純資産は100兆円強ですが、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用資産額は6月末時点で141兆円と、公募投信の1.4倍の規模になっていますから、投信以上の損失を受けていることは想像に難くありません。

さらに、公募投資信託の内外株式構成比が27.4%であるのに対してGPIFのそれは45.71%(国内株式23.39%+外国株式22.32%)と、公募投資信託を18.31%も上回っています。

そしてGPIFが運用のベンチマークとしているTOPIX(配当込)は8月に▲7.36%下落している上、外国株式のベンチマークも円ベースでは9%以上下落している可能性がありますから、GPIFは内外株式だけで投資信託とほぼ同額の損失を出していてもおかしくありません。

さらに、内外債券のパフォーマンスも円高により円ベースのベンチマークが▲1.73%悪化していますから、内外債券投資でも1兆2000億円程の損失が出ている可能性があります。

こうしたことから言えることは、GPIF運用資産合計では8月1ヶ月の間に7兆円程度の損失を出した可能性があるということです。

GPIFは2014年度に15兆2922億円、2015年4-6月期に2兆6489億円、合計18兆円ほどの運用収益を上げていますが、8月1ヶ月でこの5四半期に得た運用収益の約4割を失った計算になります。

さらに、9月になってからはに外債はほぼ横這いですが、日本株は約▲3.7%下落、外国株式も円ベースでは▲1.5%ほど下落していますから、運用損失は8月末からさらに1.5兆円ほど増えている可能性があります。

GPIFは昨年から有識者の意見を取入れ、内外株式の組入れを増やす形で「分散投資」を進めてきました。その結果、確かに表面的な資産構成の上では「分散投資」が進みました。

しかし、「分散投資」を進めたことが、8月1ヶ月で5四半期かけて積み上げてきた運用収益の約4割を失うという不幸な結果を招くことになりました。

Next: ゼロ金利のジレンマ~「分散投資」で「分散効果」が得られない理由とは?

1 2

無料メルマガ好評配信中

近藤駿介~金融市場を通して見える世界

[無料 ほぼ 平日刊]
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来た近藤駿介の、教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるマガジン。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー