fbpx

日本人は個人情報保護を諦めたのか? 世界は自分の情報は自分で守る時代へ=岩田昭男

もともと情報漏洩に敏感だった日本人が、ポイントカードを通じて個人情報を企業に売り渡しています。しかし世界では、自分の情報は自分で守る時代が来ています。(『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』岩田昭男)

※本記事は、『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』2018年9月1日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:岩田昭男(いわたあきお)
消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学卒業。月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。著書に「Suica一人勝ちの秘密」「信用力格差社会」「O2Oの衝撃」など。
岩田昭男の上級カード道場:http://iwataworks.jp/

情報漏洩に厳しかった日本はどこへ? 購入履歴や嗜好が筒抜けに

必ず聞かれる「Tポイントカードはお持ちですか?」

Tポイントの加盟店に行くと必ず「Tポイントカードはお持ちですか」と聞かれます。

私は持っているのですが、加盟店によってポイント還元率が0.2%から0.5%とバラツキがあるうえにポイントの貯まりも悪いので、わざわざカードを出す気になりません。そのため「いま持ってないよ」と言って、なるべく早くレジを去るようにしています。

そういう中年男性は多いと聞きます。

わかっているが「個人情報が筒抜け」になっている

ポイントカードを出したくない理由は、もう1つあります。それはTポイントで提供した自分の個人情報がどこか他の企業で使われる懸念があるからです。

懸念と言いましたが、もともとTポイントは自社で集めた顧客情報を他企業に販売するというビジネスモデルなので、今さら警戒する方がおかしいのでしょう。

しかし、そこはやはり大事な個人情報ですから、ポイントカードでの履歴やDVDレンタルの履歴などが全国の企業の間をぐるぐる回っていると思うと、いい気はしません(たとえ名前との紐付けはないとしてもです)。

以前、TSUTAYAでDVDをレンタルしていた頃、料金を支払うと、レシートと一緒に牛角(焼き肉店)のクーポン券が出てきたことがありました。Tポイント側は私の利用履歴を見て、この男なら焼肉を食べたがっているから喜んでくれるだろうとクーポンを出してきたわけです。

そのあともTSUTAYAでDVDをレンタルするたびに色々な企業のクーポン券が出てくるようになりました。これはTSUTAYAだけではなく今やあらゆる決済の現場で起こっていることです。

私たちはポイントやクーポン券をもらう代わりに、大切な個人情報を意識もしないで売っているわけです。

Next: 日本人は個人情報保護を諦めたのか? ビッグデータとSNSが追跡する…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい