fbpx

進化論。600万年間の人類の顔面が変化する様子をまとめた映像がスゴい!

チンパンジーと人間の共通の祖先から、直立二足歩行が可能になり犬歯が縮小するような進化をし、人類が誕生したとされるのが今より約600万年前。

そこから長い長い年月をかけて、猿に近かった人類が今のような姿になった。

その人間の進化の過程、特に顔面の進化の様子を2分間にまとめた動画が興味深い内容となっている。

ここからスタート。

ちょっと変化したが、まだまだ猿に近い様相。

目元が変化。ちょっとオランウータンぽくなった。

だんだん人間に近づいてきた。

しかし鼻元はまだまだ猿に近い。

ここへきて鼻が大きく変化。一気に人間に近くなった。

ここにきて今まで生えなかったヒゲが生えてきた。

肌の色がだんだん薄くなって行く。

もうほぼ毛深い現代人。

そして現代人へ。

こうして改めて進化の過程を見ると、なんだか感慨深い。

ここ数百年で今までにない技術の進歩を遂げている人間。果たして今後どのように進化していくのだろうか。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Mammoth)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

【関連】日本では報道されないフランス暴動デモの凄まじさ、民衆は増税に怒っている=児島康孝

【関連】ゴーン逮捕で「移民法」のスピン報道に成功、日本をカースト構造にする移民政策へ

【関連】無茶なM&Aで太り過ぎたライザップ、赤字70億円からどう結果にコミットするのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい