fbpx

なぜ日本人は投資しない?コツコツ貯金だけして老後に突入してしまう4つの理由=川畑明美

多くの方が老後資金の心配をしながら、「投資」への第一歩を踏み出せず、貯金だけをし続けています。その理由にはどんなものがあるのでしょうか?(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

危険なのは「投資の必要性を感じない」こと。少額でも始めるべき

あなたも貯金するだけ?

多くの人が投資の第一歩を踏み込めない理由は、次のような理由がありそうです。

  1. 投資は難しい、わからない
  2. 投資を始めるタイミングがわからない
  3. 投資の必要性を感じていない
  4. 投資するお金がない

ひとつひとつ、解説して行きますね。

投資しない理由その1:投資は難しい、わからない

投資は買って、それでおしまいではありません。

いくらおススメの銘柄を教えてもらっても、買うタイミングや売却のタイミングが悪いと、逆に損をしてしまいます。

投資は難しいと言いますが、その仕組み自体は単純です。

安く買って高く売る」、これだけです。

ただし用語は聞きなれない言葉が多いので、その意味を理解して自分の中に取り込むまでは、時間がかかります。

投資しない理由その2:投資するタイミングがわからない

株式投資や一括で投資信託を購入する場合は、投資のタイミングを計る必要はあります。

その場合、株価急騰のニュースを聞くと「乗り遅れた!」思ってしまいますし、悲観的な経済ニュースが流れると「今買ったら損するかも…」と思ってしまいます。

ですが、私がおススメしている投資信託の積立は、一度にお金をつぎ込むものではありません。

少しずつ時期をずらして買うことで、タイミングを読む必要もありません。初心者でも失敗しにくい投資なのです。

ただし、積み立てで購入するのは、完璧な方法ではありません。

相場の波がある程度予測できるようになったら、少額で投資でき、時価で買うことのできる
ETFに挑戦するといいでしょう。

Next: 危険なのは投資の必要性を感じないこと。少額からでも始めるべき

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい