fbpx

日経平均はピーク、予想を上回った米雇用統計を無視して「円高」再開だ=長谷川雅一

先週末の日経平均は今年初の4日続伸となり、17,014円で引けました。日経平均株価は、2月8日に17,004円で引けて以来、17,000円の下で低迷していましたが、ほぼ1ヵ月ぶりに17,000円の大台を回復したことで、株式相場に安堵感が漂っています。

日経平均は、2月15日から3月1日まで「横ばい」でした。この横ばいのあと、レンジを下に抜けて下落する可能性もありましたが、2日にレンジを上に抜けたことで買いに勢いがつき、17,000円に到達したという状況です。

要するに、この上昇は「株式相場の強さ」を表すものではなく「株式相場の不安定さ」を表すものだと見ておいた方がいいだろう、というのが僕の考えです。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわまさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

日経平均はテクニカル的にほぼピーク、これ以上の上昇は難しい

月曜以降「もみあい」から下落に転じる可能性大

今回の上昇局面では、おそらく政府の買い支えもかなりあったのではないか、と思います。

ちなみに、安倍総理は常に、日経平均株価と為替(米ドル/円)を気にしており、国会の審議中にも、事務方が、株価や為替レートを記したメモを総理に渡しているとのこと。

当然ながら、「株価を落とすな。買い支えろ」という指示が飛んでいることでしょう。ただ、日経平均のチャートは、テクニカル的に「ほぼピーク」となっており、これ以上の上昇は難しい形です。

日経平均株価 日足(SBI証券)

日経平均株価 日足(SBI証券)

加えて、後述のように「円高傾向」が根強いため、月曜以降、もみあいから下落に転じる可能性が高いのでは、と予想しています。

雇用統計が良すぎると困る?

今、この原稿を書いているのは、4日(金)の20時ですが、22時30分に、米国で「雇用統計(2月分)」が発表されます。

今回の雇用統計は、おおむね「良さそうだ」という予想になっていますが、特に株式市場にとっては、「良すぎるのも困るし、悪すぎるのも困る」という微妙な状況です。

「雇用統計が良すぎた」場合、米国の利上げ懸念が再燃し、株価が下がりやすくなりますし、「雇用統計が悪すぎた」場合は、米国のリセッション懸念が台頭し、これまた株価が下がりやすくなるからです。

つまり、今回の雇用統計に関しては、「良すぎず、悪すぎず」の範囲で静かに通過して欲しい、というのが株関係者の「願い」だと思います。

※編注:先週末の2月米雇用統計は、非農業部門雇用者数が予想+19.5万人に対し結果+24.2万人と予想を大きく上回った。前回値+15.1万人も+17.2万人に上方修正され、失業率は4.9%と5.0%を下回った

雇用統計前の「盛り上がり」がない

為替相場については、雇用統計が良ければ「ドル高(円安)」になりやすく、悪ければ「ドル安(円高)」になりやすいわけですが、僕は、今回の雇用統計が良くても、「ドル安(円高)の流れは変わらないだろう」と思っています。

今、この原稿を書いている4日(金)20時時点で、雇用統計前なのに、米ドル/円は頭が重い状況が続いており、114円を突破することさえできていません。

雇用統計に期待が集まっているとき、米ドル/円は雇用統計に向けて、1~3円程度、上昇します。雇用統計の発表前から「雇用統計まつり」が始まるのです。

米ドル/円 1分足(SBI証券提供)

米ドル/円 1分足(SBI証券提供)

今回「雇用統計は良さそうだ」という予想が出ているのですから、米ドル/円は現段階で115円を突破していてもおかしくありません。

しかし今回、雇用統計を前にしての「盛り上がり」が、まったくありません。こうなると、雇用統計発表後は、ふたたび円高方向に動く可能性があります。

Next: 米ドル/円の「割高感」が目立つ/今が「売り」のチャンス

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい