fbpx

夜の銀座には暗黙のルールがある。高級クラブの美人ママが教える夜の流儀

暗黙のルール(2): 同伴に誘う人数が適正

同伴の時、お客様の人数とご一緒させて頂くホステスさんの人数に暗黙のルールがあります。具体的には…

  • お客様が一名様の時にはホステスが一人
  • お客様が二名様の時にはホステスが二人まで
  • お客様が三名様の時にはホステスが三人まで

もし、お客様の人数がそれ以上になった時には、その日、お店に20時30分までに出勤するホステスさんの人数が足りているかやそのお店のホステスさんの在籍人数によって同伴できる人数が決まってくると思います。

またそのお客様が普段からそのお店にどれくらいの利益をもたらしているか、その日にどれくらい売り上げてくださりそうかということも、お店側の判断基準になっていることをご存じです。

ですので、お客様が一名様で食事に連れていきたいホステスさんが二人いる時、暗黙のルールをご存じのお客様はご友人や部下の方を誘って二対二の状況をつくって下さいます。

暗黙のルール(3): 同伴をしない食事には誘わない

先ほども書かせて頂きましたが大抵のホステスさんはお店側からノルマを課されています。

ですので、夜の銀座の暗黙のルールを知っている一流の男性は「同伴はしないけど食事だけなら行ってもいいよ」と仰ることはありません

お食事に誘って頂けて美味しいもの一緒に食べて楽しい時間を過ごせることは、とても有り難いことです。

ですが、出勤時間が19時30分や20時というホステスさんが大半…。もし、遅刻して出勤すれば報酬から引かれたりお店から注意されたりし、場合によっては更にペナルティを課されたりします。

可愛がっているママやホステスさんを困らせてしまうことになるかもしれないことをご存じだからこそ、同伴をしない食事に誘われることがないのだと思います。

とはいえ、同伴で食事をしている時に仕事で急用ができてしまった…そんなことがあった時、粋な飲み方をなさるお客様は、早めに食事を切り上げてホステスさんだけを出勤時間までに出勤させ、用事が終わってからお店に足を運んで下さったりします。

当日が難しい時は「このあいだはごめんね」と両日中にお店に足を運んで下さったりして、そんな心遣いに優しさと粋を感じます。

Next: 一流の男性は目に見えない○○○に気を配る。暗黙のルール(4)(5)

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー