fbpx

TOPIXを見直して新たな指数へ。「有力な銘柄」を決めるべきは市場の役割ではないか=櫻井英明

12月以降に自社株買いが増えやすいという日本企業

以下は12月以降に自社株買いが発表される可能性が高い銘柄のリストアップ。日本企業の自社株買い発表は1~2月が相対的に多いという。

●自社株買い発表の可能性が相対的に高い銘柄(18年度に自社株買い発表実績あり)

・森永製菓<2201>
・日油<4403>
・ブリヂストン<5108>
・ウシオ電機<6925>
・いすゞ自動車<7202>
・キユーピー<2809>
・日本ゼオン<4205>
・オークマ<6103>
・マツモトキヨシホールディングス<3088>
・住友ベークライト<4203>
・グローリー<6457>
・スギホールディングス<7649>
・島忠<8184>
・カプコン<9697>

●自社株買い発表の可能性が相対的に高い銘柄(18年度に自社株買い発表実績なし)

・大正製薬ホールディングス<4581>
・大同特殊鋼<5471>
・堀場製作所<6856>
・テレビ朝日ホールディングス<9409>
・中部電力<9502>
・コナミホールディングス<9766>
・国際石油開発帝石<1605>
・長谷工コーポレーション<1808>
・綜合警備保障<2331)
・エービーシー・マート<2670>
・東洋水産<2875>
・飯田グループホールディングス<3291>
・王子ホールディングス<3861>
・レンゴー<3941>
・大和工業<5444>
・日本軽金属ホールディングス<5703>
・DOWAホールディングス<5714>
・住友電気工業<5802>
・横河電機<6841>
・東海理化電機製作所<6995>
・SUBARU<7270>
・小糸製作所<7276>
・テイ・エス<7313>
・良品計画<7453>
・島津製作所<7701>
・コクヨ<7984>
・しまむら<8227>
・アコム<8572>
・山九<9065>
・商船三井<9104>
・東京電力ホールディングス<9501>
・アインホールディングス<9627>
・セコム<9735>
・サンドラッグ<9989>

●S&P00株価指数の2020年末目標値

バンクオブアメリカ・メリルリンチ 3,300
クレディスイス          3,425

【関連】迫る日銀発の金融危機。メガバンクも地銀もマイナス金利政策にやられていく=斎藤満

【関連】なぜ日本人は儲け話に騙されるのか? 怪しい投資セミナー、真贋の見分け方=俣野成敏

【関連】国内大手行が保有する約4兆円のベア型投信は、これから日本株の下支えとなるか?=武田甲州

image by : SubstanceTproductions / Shutterstock.com

1 2

「兜町カタリスト」』(2019年11月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

「兜町カタリスト」

[無料 平日刊]
個人投資家のみならず、マーケットのプロからも注目を集めてきたメルマガ櫻井英明責任編集「兜町カタリスト」。前場・後場の1日2回無料配信。マーケットのど真ん中からとっておきの情報を発信します。カタリストとは英語で「触媒」のこと。マーケットの動きを的確に知る触媒として、新たな情報ソースとして、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー