fbpx

成人式を迎える新成人はクレカ、スマホ系ペイ利用に積極的。決済手段どうなる?

1月13日は、令和初の「成人の日」。物心ついた時から交通系電子マネーに親しんできたであろう新成人は、キャッシュレス決済や金銭管理、お金の使い方についてどのような意識を持っているのでしょう。株式会社カンムが実施した「新成人とお金に関する意識調査」の結果をご紹介します。

初めて使ったキャッシュレス決済は「交通系電子マネー」

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

2020年度の新成人が人生で最初に使ったキャッシュレス決済手段は、過半数が「交通系電子マネー」でした。Suicaのサービス開始は2001年で、新成人が中学生になった頃には通学定期券としてだけでなく、街なかの決済手段として広く浸透していました。
「現金しか使ったことがない」人は5%未満とわずかです。全体的に、早くからキャッシュレス決済に慣れ親しんできた世代といえます。

また、昨年から今年にかけてのキャッシュレス活用意向を見ると、成人や就職で作りやすくなるクレジットカードのほかスマートフォンの決済アプリも勢いを増しそうです。

10代のうちからクレカニーズあり。成人したらクレカを作りたい

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

2020年度の新成人のうち、10代の頃に「クレジットカードが欲しい」と思ったことがある人は約8割(79%)でした。その時の代替手段は、未成年でも作れてクレカ払いが可能な「バンドルカード」が最多(36%)です。まだバンドルカードを使っていなかった頃も含めると、購入をあきらめたり(27%)、手数料のかかる代金引換や銀行振込などで支払っていた(17%)ようです。

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

成人後にクレジットカードを所有したい人も8割超(86%、これから作りたい人とすでに学生クレジットカードを持っている人の合計)でした。「作りたくない」人は1割ほどです。
※多くの学生クレジットカードは、卒業すると自動的に通常クレジットカードに切り替えられます。

Next: 「お金の使い方」について成人を控えた今の気持ちは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー