fbpx

2020年に狙うべき国策テーマ銘柄は?今年2年目の「ゴールデン・スポーツイヤーズ」関連=矢野恵太

スポーツ産業市場は政府が2025年までに15.2兆円まで拡大する目標を掲げています。そこで今回は、2020年に注目しておきたい国策スポーツ関連銘柄をご紹介します。

プロフィール:矢野恵太(アレス投資顧問
東芝グループでエンジニアを経験後、金融業界に転身。上場証券会社、独立系投資顧問会社で営業、企画、マーケティングなどを担当。2017年にアレス投資顧問株式会社を共同創業。青山学院大学の亀坂安紀子教授が、ノーベル経済学賞を受賞したYale大学のロバート・シラー教授と共同で実施している株式市場に関する国際比較調査に協力するなど株式市場の発展に向けた業務にも従事。日本ソムリエ協会認定「ワインエキスパート」の資格を持ち、ワインのティスティングで鍛えた鋭い嗅覚で株の銘柄も発掘する「株ソムリエ」。

大本命のスポーツイベント、東京オリンピック開催年が到来

ラグビーワールドカップ2019が大成功で注目度アップ

昨年9月20日から11月2日にかけて、日本でラグビーワールドカップ2019が開催されました。開催国の日本代表が史上初のベスト8進出を成し遂げたこともあり、大成功を収めましたね。

その影響もあってか、株式市場でも関連銘柄が上昇するなど市場テーマとしても盛り上がりをみせました。

大成建設<1801> 19%上昇:大会オフィシャルスポンサー
ゴールドウイン<8111> 27%上昇:日本代表一般向けレプリカジャージーを制作
ハブ<3030> 27%上昇:英国風パブ運営で、店内スクリーンで試合を放映
※上記の%表示は、開催1ヶ月前の8月20日終値から閉幕前日の11月1日までの期間の高値に対する上昇率です。同期間の日経平均の上昇率は11%

そして、いよいよ今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催。さらに来2021年にはワールドマスターズゲームズ2021関西が開催されるなど、日本では3年連続で世界的なスポーツイベントが開催されるため、この3年間を「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と呼ぶ動きがあります。

さらに、2012年時点でのスポーツ産業市場規模は5.5兆円ですが、政府が2025年までに15.2兆円までの2.7倍に拡大する目標を掲げており、スポーツビジネスは国策テーマと言っても過言ではありません。

そこで今回は、「ゴールデン・スポーツイヤーズ」の2年目で狙うべき国策スポーツ関連銘柄をいくつかチェックしていきたいと思います。

Next: これから注目しておきたい、スポーツ関連銘柄3選

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー