fbpx

フェローテックホールディングス—転換社債発行とアドバンテッジアドバイザーズとの事業提携契約を発表

マネーボイス 必読の記事



フェローテックホールディングス<6890>は17日、第三者割当により、第2回無担保転換社債型新株予約権付社債を発行すると発表。また、同日にアドバンテッジアドバイザーズと事業提携契約を締結することも発表した。

同社は半導体ウエーハ、半導体用マテリアル製品、パワー半導体用基板及び精密部品再生洗浄を中長期の戦略製品として位置づけ、生産体制の拡充や生産技術の開発を行っている。今回調達した資金はこれらの設備投資、研究開発などに充てる。
転換社債49個(転換価額は1株当たり949円、潜在株式数393万5600株)を割り当て、合計で手取概算額37億円を調達する予定。

加えて、アドバンテッジアドバイザーズがサービスを提供するファンドに対して、今回の転換社債を発行するとともに、事業提携契約を締結することとした。既存製品の拡充とともに新たな製品事業の育成のため、資金調達のみならず、企業価値の向上を図る経営支援を受けるため、上場会社への戦略的なアドバイスの提供実績のあるアドバンテッジアドバイザーズを選定した。アドバンテッジアドバイザーズから受けるノウハウを活用することにより、業績向上のための諸施策の検討と実行を推進していく考え。


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー