fbpx

東京為替:ドル・円は動意薄、材料難で様子見も

マネーボイス 必読の記事




29日午前の東京市場でドル・円は109円20銭付近と、材料難で動意の薄い値動きが続く。日経平均株価は堅調地合いを維持するものの、足元の伸び悩みで円売りは一服。米10年債利回りの上げ渋りも、ドルの上昇を抑制しているもよう。ただ、108円台の押し目買いが意識され、目先もドルの下値は堅い見通し。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円08銭から109円27銭、ユーロ・円は120円22銭から120円42銭、ユーロ・ドルは1.1020ドルから1.1028ドル。


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー