fbpx

城南進研 Research Memo(8):未来の教室モデルの構築とソリューション事業、乳幼児事業への積極展開を推進

マネーボイス 必読の記事



■今後の見通し

3. 新中期経営計画(2020年~2022年)の基本戦略
城南進学研究社<4720>は2021年3月期からスタートする3ヶ年の新中期経営計画に関するヴィジョンと基本戦略を発表した。具体的施策や経営数値目標は2020年3月期の決算発表時に発表する予定となっている。ヴィジョンとして、総合教育ソリューション企業として、たくましい知性、しなやかな感性を育む能力開発のLeading Company
となることを掲げた。

また、基本戦略については以下の5点を挙げている。

(1)学びの生産性を高める未来の教室モデルの構築
「城南予備校DUO」や「城南コベッツ」において、AI教材等を活用することで学びの生産性を高め、また、創造的な課題発見や解決力を創出するための学びの場(未来の教室モデル)を構築していくことで、学習塾部門の再成長を目指していく。

(2)ソリューション事業の戦略的展開
「くぼたメソッド」や「デキタス」等のグループ内外への展開をより一層加速していく方針となっている。

(3)乳幼児事業の積極的な推進
現在、首都圏を中心に同社を含めて5社で展開しており、今後はグループ間の連携を強化して、さらなる事業拡大を図っていく。

(4)収益構造改革の断行
「城南予備校」の運営終了と「城南予備校DUO」の拡大により学習塾部門の収益は2021年3月期以降、大きく改善する可能性があるほか、グループ子会社間の連携強化等による業務効率の改善余地も大きいと見られ、次期中期経営計画における具体的施策が注目される。

(5)クレド経営に基づいた人財育成
自ら考えて行動する社員の成長によってミッションが達成される経営を目指す。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー