fbpx

フィットネスのカーブスHD、さらなる成長を目指し日本では珍しいスピンオフ上場へ

コシダカホールディングスが1月27日に、フィットネス事業を展開するカーブスホールディングスの東証への新規スピンオフ上場が承認されたと発表しました。(『元証券マンが「あれっ」と思ったこと』)

コシダカHDからスピンオフ上場が承認されたカーブスHD

病気と介護の予防を実現する成長戦略を追求

2020/1/27、コシダカホールディングス<2157>(以降、KH)は、フィットネス事業を展開するカーブスホールディングス<7085>(以降、CVH)の東証への新規スピンオフ上場が承認されたと発表した。
※参考:(開示事項の経過)当社子会社(株式会社カーブスホールディングス)に対する東京証券取引所からの上場承認並びに当社通期連結業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ

以下は、KHのCVHのスピンオフに関する案内資料からの一部抜粋。
※参考:子会社株式の現物配当(株式分配型スピンオフ)及び特定子会社の移動についてのご案内

<1.株式分配型スピンオフの主な効果>

(1)経営の独立による効果
・スピンオフされた会社は迅速、柔軟な意思決定が可能になるとともに、経営者や従業員のモチベーションも向上

(2)資本の独立による効果
・スピンオフされた会社の独自の資金調達により、必要な投資が実施可能

(3)上場の独立による効果
・各事業のみに関心の投資家を引きつけることが可能

<2.株式の分配方法>

・基準日時点の株主に完全子会社の株式を配当として交付(株主に対する配当課税は対象外、譲渡損益課税は繰り延べ)

・分配基準日(2020/2/29)時点の株主に対して、保有するKH株式1株当たりCVH株式1株が特段の手続きなく交付される

<3.スピンオフの目的・理由>

目的:カラオケ・カーブス両事業の成長戦略の一層の推進によって、株主価値の向上を目指す

(1)カラオケ事業の中期経営ビジョン
・エンタメを必要不可欠なインフラとする「EIP(Entertainment Infrastructure Plan)」のもとで成長戦略を推進

(2)カーブス事業の中期経営ビジョン
・病気と介護の予防を実現する「社会課題解決企業、健康寿命延伸事業」としての成長戦略を追求

※参考:「スピンオフ」の活用に関する手引 平成30年4月 経済産業省 産業組織課
P5:デュポンからの高機能化学事業の分離
P6:イーベイからのweb決済事業の分離

<感想>

本件は、平成29年の税制改正後、本邦初のスピンオフ上場事例。海外同様、スピンオフ上場が、日本にも根付くことになるのか。3月2日上場(予定)後の株価推移等を含めて注視して行きたい。

【関連】金融政策の現状維持を決定したFRB、今後の動向の行方は市場のリスク感応度次第へ=久保田博幸

【関連】指数の2倍で変動するETFも…相場が下がれば儲かる「ベア型」でリスクヘッジの備えを

【関連】PERが高すぎるからバブルなのか?成長企業の株価は5年後10年後の利益を織り込む=武田甲州

image by : Liderina / Shutterstock.com

元証券マンが「あれっ」と思ったこと』(2020年1月30日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

元証券マンが「あれっ」と思ったこと

[無料 ほぼ日刊]
元証券マンが「あれっ」と思ったことを1日1回つぶやく予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー