fbpx

景気動向4ヶ月連続悪化で「令和大恐慌」目前か。暖冬、肺炎が経済打撃も政権に策なし

株式会社帝国データバンクが、全国2万3,665社を対象に2020年1月の国内景気動向を調査・集計し、景気DIとして発表した。

出典: PR TIMES

出典: PR TIMES

2020年1月の動向:後退局面

2020年1月の景気DIは前月比0.6ポイント減の41.9となり、4カ月連続で悪化した。1月の国内景気は、記録的な暖冬で季節需要や農業の落ち込みが響いたほか、海外経済の減速にともなう製造業の低迷が関連業種へと波及した。

中国発の新型肺炎が春節時期に世界的に拡大し、旅館・ホテルや輸出・生産関連などに影響が表れた。また生産・出荷量DIが3カ月連続で減少するなど生産活動の停滞がみられるなか、設備稼働率の低下とともに在庫調整の動きが製造業や中小企業を中心に広がってきた。さらに軽油など燃料価格の上昇でコスト負担の高まりも続いた。

他方、米中貿易協議による第1段階合意がプラス要因となったほか、5G(第5世代移動通信システム)向けの動きなども好材料だった。

国内景気は、在庫調整が進むなかで記録的暖冬も加わり、後退局面が続いている。

Next: 国内景気、今後の見通しは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー