fbpx

日経平均、このまま高値を試すか?〜今週のトレンドを読み解く株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ニューヨーク・ダウ ど真ん中の時間帯を通過

200210_pentagon_NYdow

先週のレポートでは、BCラインに注目したい。下げ止まりから再び堅調な展開に戻るのであれば、右肩上がりのBCラインに沿って推移することが期待されたからだ。実際には、そのBCラインに沿って大きく反発。そのままC点に引き寄せられている。
次の注目日は2月23日前後である。

A点水準:約29,300ドル
B点水準:約27,000ドル

今週のポイントは、ど真ん中の時間帯を通過したことで、新しい流れが出るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。先週末にC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯に到達した。しかも、C点の水準というのは節目のACライン水準でもある。したがって、このまま流れが変わる可能性もあるからだ。よって、週明けの動きに注意をしたい。

<トレンドのポイント(長期)>
上昇トレンドの上昇局面である。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジション。
売りポジションへの変更は、28,600ドルを終値で割り込むことである。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。右肩上がりのBCラインに沿って上昇している。そして、一時的には最高値を更新もしているからだ。この場合、3万ドルを試す動きに考えられる。

(第2シナリオ)上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。しかも、ACラインを終値で越えることは出来ずに陰線が出現している。また、上値抵抗線CEラインも控えているからだ。この場合、再び安値を探る展開になっていこう。

Next: ナスダック 最高値を更新~米国市場分析

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー