fbpx

マザーズ指数は反落、次第に戻り売りに押される展開、PSSが急落

マネーボイス 必読の記事



 本日のマザーズ指数は反落となった。前日の米国株式市場では、中国政府による景気支援策が好感され、主要3指数は揃って上昇。なかでも、S&P500とハイテク比率の高いナスダックは過去最高値を更新。為替相場でも、1ドル=111円台と約9ヶ月ぶりの円安水準を回復したこともあり、東京市場でテクノロジー関連が多いとされるマザーズ市場にも朝方から買いが先行した。しかし、円安進行が一服するなか、新型肺炎の拡大懸念も改めて意識され、次第にマザーズ銘柄に対する戻り売りの動きも優勢になった。物色としても、マザーズ市場の主力級銘柄が総じて弱含んだ。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で798.48億円。騰落数は、値上がり88銘柄、値下がり209銘柄、変わらず17銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、PSS<7707>が10%安になったほか、ステムリム<4599>やスペースマーケット<4487>がそれに続いて大幅安に。売買代金上位銘柄では、Aiming<3911>、メルカリ<4385>、そーせい<4565>、アンジェス<4563>、ミクシィ<2121>、サンバイオ<4592>、TKP<3479>、GNI<2160>、ギフティ<4449>、UUUM<3990>が下落。一方で、Amazia<4424>、メドレー<4480>、フリー<4478>、AIinside<4488>、PKSHA<3993>、サーバーワークス<4434>は上昇した。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー