fbpx

東京五輪、実は「中止」で決定済み? 安倍政権の都合で発表は5月か=江守哲

東京五輪はすでに中止が決まっている?

いま巷では、様々な説が飛び出しているようです。

12日にはトランプ米大統領が、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、東京五輪について「1年間延期すればよいかもしれない」としました。「延期になれば残念だ」としたうえで、「無観客の競技場で実施するよりはよい」ともしました。

トランプ大統領はこれまで、五輪開催の是非は「安倍首相に任せる。会場はとても素晴らしく、中止になれば非常に悲しいことだ」などとしていました。

しかし、どうも事態は違うようなのです。

実際にはすでに中止が決まっており、IOCからJOC・安倍首相に通達済みとの情報があります。

しかし、いま公表するとパニックになるため、安倍首相が発表を渋っており、5月に公表することで決まっているという話です。

また、延期ではなく、中止であり、大会自体なくなるということのようです。

真偽はどこにあるのか、もちろん闇の中です。

ただし、12日の安倍首相と小池都知事との会談では、そのあたりが通告された可能性もありそうです。

日本経済はいよいよヤバい

東京五輪・パラリンピックが中止になれば、日本経済はもはや終わりといってもよい状態になるでしょう。

無論、安倍政権は退陣になっても驚きません。これまで積み上げてきたものがすべてなくなる可能性があります。

いまは株価がこのような状況です。政府・日銀はやれることをやるでしょう。4月に外国人投資家は買い越しを継続しています。これにより、4月はいったん戻す可能性が高いでしょう。しかし、5月に上記の発表があるとすれば、それは末恐ろしいことが起きることになります。

IOCのバッハ会長が、「開催に向けて全力で準備する」と公言しています。本当でしょうか。

中止が決まっているとすれば、バッハ会長、森喜朗氏、安倍首相などはすべて芝居をしていることになります。そういえば、昨日は聖火リレーをやっていました。中継でもみましたが、これも芝居なのでしょうか。

そうだとすれば、世界最大の大スキャンダルになりますね。

東京五輪・パラリンピックの7月開催に対し、3月のこの時期にWHOがパンデミック宣言です。

東京五輪の開催は、もはや不可能と考えるのは常識的でしょう。現実的に考えても、かなり厳しいといえます。

いずれにしても、最大リスクとして、その前提で見ておいたほうが良いでしょう。それがリスク管理というものです。あとは結果を見るだけです。

Next: 中国への忖度で遅れた? WHOは今頃になってパンデミック宣言へ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー