fbpx

東京五輪、実は「中止」で決定済み? 安倍政権の都合で発表は5月か=江守哲

トランプ米大統領までもが東京五輪「延期」に言及しましたが、どうも事態は違うようです。実際にはすでに中止が決まっており、IOCからJOC・安倍首相に通達済みとの情報があります。(江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2020年3月13日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

中国は「すでに沈静化した」と言うが…

新型コロナウイルスの感染がさらに拡大しています。

日本は拡大がかなり抑制されているほうですが、イタリアがひどいですね。いろいろな理由があるのでしょうが、結局は中国から持ち込まれているわけです。

やはり中国発の今回のパンデミックの最大の責任は、やはり中国にあるといわざるを得ません。その中国はすでに沈静化したと豪語しています。

中国国家衛生健康委員会の米鋒報道官は12日、湖北省武漢市から広まった新型コロナウイルスの感染状況について「流行のピークを過ぎた。新たな感染者数は減り続け、全体として低い水準を保っている」と明言しました。

中国内では楽観ムードが広がっており、新型ウイルスの感染拡大によって延期された全国人民代表大会(全人代)が4月にも開催されるという見方が出ています。

「本当か?」と耳を疑いたくなります。

12日の政府発表では、中国本土の新たな感染者は15人にとどまっているようです。武漢市を除く湖北省の新規感染者も6日から7日連続で確認されていないということです。

3月末までに武漢市の新規感染者がゼロになる可能性に言及する専門家もいるもようです。北京では10日から空港近くに特別な受付所が設けられ、日本などからの入国者に対するチェック体制を強化しています。12日の北京市の新たな感染者はゼロで、8日以降に確認された9人の感染者は全員が海外からの渡航者でした。

日本の対応がひどすぎた

しかし、今回のパンデミックの発症は中国が最初です。それを隠し、世界に広げたのは習近平体制の陰謀でしょうか。

様々な説がありますが、いずれにしても、中国は実態を隠し、日本は安倍首相が習近平国家主席に忖度し、春節前から発症を知りながら中国からどんどん日本にウイルスを持ち込ませたとされています。政治責任は逃れようもないとは思いますが、実際にはいつものパターンでのらりくらりです。

厚生労働省も今回の「ダイヤモンド・プリンセス号」の事件で、まったく機能していない組織であることが判明してしまいました。

本当に「ヤバい」と俗っぽい表現を使わざるを得ないほど、政治機能が著しく低下しています。

いま日本が、ウイルスの問題ではなく、その存在そのものがきわめて危険な状況にあることを理解しておくべきでしょう。それくらいの状況になってしまっているということです。

東京五輪・パラリンピックはどうなるでしょうか。

Next: 東京五輪はすでに中止が決まっている? 日本経済はいよいよヤバい…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー