fbpx

前日に動いた銘柄 part2 任天堂、トヨタ自動車、NTTドコモなど

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>19日終値⇒前日比
UTグループ<2146> 874 -300
製造業派遣事業の需要減退懸念続く。

シンクロ・フード<3963> 164 -34
高水準の信用買い残が重しとなる。

アウトソーシング<2427> 363 -80
製造業派遣の需要低下を警戒視で。

リンクアンドモチベーション<2170> 249 -40
バリュエーション面からは下値不安強く。

ツバキ・ナカシマ<6464> 565 -46
下値メド見えずに押し目買い入らず。

セラク<6199> 575 -100
個人投資家中心に処分売りが優勢か。

新光電気工業<6967> 755 -45
半導体関連株安の地合いに押される。

インフォコム<4348> 1618 -249
18日の大幅安受けて処分売りが加速化へ。

住友ベークライト<4203> 1841 -299
半導体関連株安の地合いも逆風に。

TOKYO BASE<3415> 201 -55
18日にはSMBC日興証券が目標株価引き下げ。

いすゞ自動車<7202> 600.6 -76.1
タイ市場の先行き懸念なども拭えず。

ソフトバンクグループ<9984> 2687 -559
ウィーワーク問題への警戒感が続く。

トヨタ自動車<7203> 6395 +78
為替相場の円安推移をプラス材料視。

任天堂<7974> 37230 +1720
「リングフィットアドベンチャー」への期待続く展開に。

富士フイルムホールディングス<4901> 4794 -444
「アビガン」の業績寄与限定的との見方で戻り売り。

NTTドコモ<9437> 3281 +266
18日発表の5Gサービス計画を好感。

東京エレクトロン<8035> 16510 -1420
半導体製造装置関連は19日大幅安の流れに。

オリックス<8591> 1138 -155
航空機リース事業の先行き懸念なども。

東海旅客鉄道<9022> 17665 +980
東海道新幹線で減便を実施へ。

アウンコンサルティング<2459> 131 +11
値ごろ感から自律反発の動きに短期資金追随。

コーア商事ホールディングス<9273> 1128 +150
ナファモスタット関連として思惑買。

富士山マガジンサービス<3138> 540 -13
上限5万株(1億円)の自社株買いを発表。

グリムス<3150> 1883 +0
20年3月期の営業利益を従来予想の16.00億円から21.00億円に上方修正。

JIA<7172> 685 -150
アメリカビザ一時「発給停止」などを嫌気か。

ベルトラ<7048> 339 -80
アメリカビザ一時「発給停止」などと伝わり同社など旅行関連の重しにも。

サンバイオ<4592> 1038 -201
米系証券で投資判断の格下げ観測、決算説明会資料嫌気との見方も。

WDI<3068> 1580 +65
継続保有の株主を対象とする優待制度を新設すると発表。

ピープル<7865> 635 -41
2月の月次売上高は前年同月比10.6%減に。

ドラフト<5070> 920 -200
直近IPO、3連休控えて換金売りが優勢。

関通<9326> 1165 -
19日マザーズ市場へ新規上場、前場時点で初値形成に至らず。

ゼネテック<4492> 1498 -
19日JASDAQ市場へ新規上場、初値は公開価格(1700円)を4.7%下回る1620円。







記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー