fbpx

NY金:強含み、米雇用統計の大幅な悪化で安全逃避の買い

マネーボイス 必読の記事



COMEX金6月限終値:1645.70 ↑8.00

3日のNY金先物6月限は強含み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、前営業日比+8.00ドルの1オンス=1645.70ドルで取引を終了した。取引レンジは1624.40ドル−1652.80ドル。3日のアジア市場で金先物は1624.40ドルまで下げたが、3月の米雇用統計の大幅な悪化を受けて安全逃避の買いが優勢となった。一部で換金目的の売りが観測されたが、金先物は1652.80ドルまで買われた。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー