fbpx

目指すは日経1万5250円か1万3000円か、それが問題だ=橋本明男

私も前日まではまだ余裕で相場を見ていたのですが、5日の大引けは驚いています。私の相場観測法の下値支持線を切れてしまいました。ここで注目はトヨタ、みずほです。(『相場コラム『わしの罫線』』)

2番底形成の可能性が高い日経平均 トヨタ、みずほに注目したい

節割れを起こした東京市場

ニューヨーク市場もしっかり、今日は上海市場も高い。がしかし、東京市場だけは胸が悪くなる様な大幅続落。何が悲しくてこれ程売られなければならないのかと思いますが、5日の日経平均は390円安15732円。TOPIXは34.34ポイント安1268.37ポイント。出来高は概算22億4千万株で終わりました。

私も前日まではまだ余裕で相場を見ていたのですが、5日の大引けはちょっと驚いています。と申しますのは、私の相場観測法の波動の下値支持線を切れてしまいました、考えられることは2つ。

1. 最悪、向こうこの1週間下げるとしても2月12日の安値を切ることなく、最大、日経平均は15250円で止まり、2番底入れとなる
2. これより第3段の下げに突入し、13000円まで下げる。

このどちらかです。

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

当然、後者の暴落となれば、主力銘柄、特にトヨタ<7203>みずほ<8411>等もこれから大きく下げることになるわけですが。

そこでトヨタ<7203>を見ると186円安、5439円。波動から割り出す第1底値指数は5120円にあります。仮にそこまで到達したとしますと、その後は7週間で6760円までの急反騰が出るはずです。これは世界の優良株、トヨタの癖です。

トヨタ自動車<7203> 週足(SBI証券提供)

トヨタ自動車<7203> 週足(SBI証券提供)

みずほ<8411>7.7円安、153.2円。この株は波動から割り出す第2底値指数が148.9円にあります。2月12日の安値を0.4円下回る事になりますが、日足は下げの10ポイント目。次に下げるとしたら120円ですが、その為には1回戻って仕切り直しを入れる必要があります。

みずほフィナンシャルグループ<8411> 週足(SBI証券提供)

みずほフィナンシャルグループ<8411> 週足(SBI証券提供)

このように見てきますと、この東京市場、まだ下げる。しかし底割れには至らず、2番底となる。これが妥当なところと考えられます。6日の動きは重要です。注目!

【関連】5月末の日経平均は13,000円、為替は108円~春は暴落の季節=長谷川雅一

相場コラム『わしの罫線』』(2016年4月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場コラム『わしの罫線』

[無料 平日刊]
チャーチスト歴35年!【橋本罫線考案者】テクニカルのプロである橋本明男が毎日綴る相場コラム。日々の株式市場の動向から、短期的・中期的な相場の行方を予測。また、東証1部の銘柄を中心に、今が狙い目の個別銘柄の情報も掲載しています。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー