fbpx

カナダ中銀金利据え置き、当面政策金利を維持する方針示唆、加ドル軟調

マネーボイス 必読の記事





カナダ中銀は金融政策決定会合で市場の予想通り政策金利(翌日物貸出金利)を0.25%に据え置くことを決定した。声明ではインフレが目標に達するまで政策金利を維持する方針を示した。経済は4月の底入れした可能性が強く、活動再開に伴い顕著に景気回復が加速したと指摘。

カナダ中銀が当面低金利を維持する方針を示したためカナダドルは軟調に推移。ドル・カナダは1.3560カナダドルから1.3587カナダドルへ上昇。カナダ円は78円75銭から78円55銭まで下落した。

【金融政策】
・カナダ中銀:政策金利(翌日物貸出金利)を0.25%に据え置き決定


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー