fbpx

アベノミクス相場初の日経平均7日続落 安倍首相発言を嫌気し円高進行(4/6)

きょう動いた株

サイバーコム<3852>
急騰。12日付での東証1部への昇格が決まる。指数連動型ファンドの買い需要を先取りする動きに。

サイバーコム<3852> 5分足(SBI証券提供)

サイバーコム<3852> 5分足(SBI証券提供)

オリエンタルランド(OLC)<4661>
5日ぶり反発。三菱UFJモルガン証は弱気の「アンダーウエート」から強気の「オーバーウエート」に2段階格上げ。目標株価を1万1600円(従来5550円)に。

オリエンタルランド<4661> 5分足(SBI証券提供)

オリエンタルランド<4661> 5分足(SBI証券提供)

アダストリア<2685>
続騰し半年ぶりの高値水準に。好決算を引き続き材料視。5日のアナリスト向け説明会も好印象となった。

MRT<6034>
急伸後、売り先行の展開となった。5日、ニューロスカイジャパン(非上場)と業務提携基本契約に合意したと発表。

ヘリオス<4593>
高値更新。5日、米国のバイオベンチャーであるユニバーサルセル社との共同研究契約締結を発表した。

ロゼッタ<6182>
5日、前2月期業績予想の上方修正を発表、連結営業利益を従来予想の1億9300万円から2億1200万円に引き上げた。これに伴い、期末一括配当を7.5円から8.5円に増額した。

セリア<2782>
5日、3月の月次状況を発表、売上高は既存店が前年同月比3.3%増、全店がどう11.7%増となった。

アイビーシー<3920>
反発。委託保証金率解除を好感。

サンバイオ<4592>
再生細胞薬SB623の外傷性脳損傷を対象する日本での臨床試験が許可される。

しまむら<8227>
続伸、大和証は「2」継続、目標株価は1万6500円に引き上げ。

6日大引け後の材料

日銀は6日、4月から買い入れを始めた「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF(上場投資信託)」12億円、J-REIT(不動産投資信託)12億円を買い入れたと発表した。

【関連】円一時109円台、終焉を迎えつつあるアベノミクス相場=久保田博幸

1 2

THE相場観!』(2016年4月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

THE相場観!

[無料 ほぼ日刊]
2025年に日本では団塊の世代の年齢層がほぼすべて75歳以上の後期高齢者となり、医療や介護、年金などの社会保障費が急増して財政危機の引き金になりかねないと危惧されています。また年金を管理運用しているGPIFが2016年6月に発表した運用報告では、国内株式の評価損が響き、約マイナス5兆円を計上したことでマスコミが騒ぎました。ただこれも株式運用ではなく、債券やそのままキャッシュで運用していたら20年後には200兆円の年金はなくなるのです。将来にいろんな不安を抱えながらの株式投資になりますが、自分の年金くらいは株式運用で増やしていきましょう。それが私がメルマガを通じてお伝えしたい主旨です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー