fbpx

1ドル108円台も日経は8日ぶり反発/5月末まで堅調に?NYダウ高のアノマリー(4/7)

7日の東京市場は、14時過ぎに1ドル108円台に入り1年5ヵ月ぶりの円高となったが、指数構成上位のファナックなどが値を保ち日経平均の大引けは34円48銭高となった。(『日刊株式投資情報新聞』)

日経は34円48銭高/「米中首脳会談後」の米株アノマリーが話題

1ドル108円台に円高進むが日経平均は値を保ち8日ぶり反発

日経平均の終値は1万5749円84銭(34円48銭高)、TOPIXは1272.64ポイント(4.89ポイント安)、出来高概算(東証1部)は21億1241万株。

7日後場の東京株式市場は、政府首脳が安易な為替介入は行わない意向とされて円高がジリジリ進み、日経平均は13時にかけて前場の高値から235円安の1万5636円21銭(前日比では79円15銭安)まで軟化した。円は14時過ぎに1ドル108円台に入り1年5ヵ月ぶりの円高

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

日経平均株価 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

米ドル/円 5分足(SBI証券提供)

しかし、ファナック<6954>(東1)などが値を保ったため日経平均の大引けは34円48銭高(1万5749円84銭)となり、昨日までの7日続落から8日ぶりの反発となった。東証マザーズ指数と日経JASDAQ平均は前場に続いて堅調だった。

後場は、エーザイ<4523>(東1)が製剤に関する欧州での承認期待などが言われて一段ジリ高となり、楽天<4755>(東1)は無人飛行体ドローン活用への期待などが言われて一段ジリ高。

ぷらっとホーム<6836>(東2)はリナックス(Linux)の新プロジェクト参加などが材料視されて急伸し、そーせいグループ<4565>(東マ)は米国子会社の提携にともなう一時金やマイルストン収入の発表が好感されてストップ高を継続。

サンバイオ<4592>(東マ)は再生細胞薬の臨床許可などの発表が好感されて高値更新となり、テイツー<7610>(JQS)は複合インターネットカフェでのVR(仮想現実)シアターサービスなどに期待強く2日連続ストップ高。

東証1部の出来高概算は21億1241万株(前引けは10億6364万株)、売買代金は2兆898億円(同9982億円)。1部上場1950銘柄のうち、値上がり銘柄数は1023(同821)銘柄、値下がり銘柄数は776(同968)銘柄。

また、東証33業種別指数は23業種(前引けは16業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、医薬品、石油・石炭、鉱業、情報・通信、陸運、その他製品、建設、その他金融、サービス、などとなった。

Next: 米中首脳会談後はNYダウ高のアノマリー~5月末頃まで堅調に?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー