fbpx

9月24日のNY為替概況(訂正)

マネーボイス 必読の記事

下記のとおり修正します。
(誤)ユーロ・ポンド絡みの売りに堅調推移。
(正)ユーロ・ポンド絡みのユーロ買いに堅調推移。

24日のニューヨーク外為市場でドル・円は105円32銭へ弱含んだのち105円52銭まで上昇して引けた。

米先週分新規失業保険申請件数が予想外に前週から増加したことに失望したドル売りが優勢となったのち、8月新築住宅販売件数が減少予想に反し増加し14年ぶり高水準になったことを好感したドル買いが強まった。ペロシ下院議長が小規模の財政策を検討する考えを示したことも追加経済救済策への期待を強めドルを支えた。

  
ユーロ・ドルは、1.1627ドルまで下落後、1.1687ドルまで上昇して引けた。ユーロ・ポンド絡みのユーロ買いに堅調推移。

  
ユーロ・円は、122円58銭からまで下落後、123円16銭まで上昇。

  
ポンド・ドルは1.2779ドルから1.2708ドルまで下落。
英ベイリー中銀総裁はマイナス金利も依然選択肢に入っていることを明らかにしたため、ポンド売りが再燃した。


  

ドル・スイスは0.9246フランから0.9280フランまで上昇した。

  
  


[経済指標]

・米・先週分新規失業保険申請件数:87万件(予想:84.0万件、前回:86.6万件←86.0万件)
・米・失業保険継続受給者数:1258万人(予想:1227.5万人、前回:1274.7万人←1262.8万人)
・米・8月新築住宅販売件数:101.1万戸(予想:89.0万戸、7月:96.5万戸←90.1万戸)
・米・9月カンザスシティ連銀製造業活動:11(予想14、8月14)


 
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー