fbpx

脱ハンコで公文書偽造が容易に?菅総理「デジタル化推進」の黒い思惑=原彰宏

内閣官房の組織図を見ると、すでに縦割り行政を打破する仕組みはできているように見えます。それでも「縦割り行政打破」「デジタル化」を掲げる背景には何があるのでしょうか?(『らぽーる・マガジン』原彰宏)

【関連】東京五輪、海外選手“特別入国”のウラ事情と開催中止へのシナリオ=原彰宏

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2020年10月12日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

内閣官房長官のお仕事は?

内閣官房のトップである官房長官は内閣のスポークスマンと言われ、内閣を代表して記者会見を担当するイメージが強いです。しかし、内閣官房とはどういう組織なのか、いまいちわかりません。そこで改めて調べてみました。

内閣官房の「官房」とは、内閣・府・省・庁などのこと。その長に直属して、機密事項、人事、官印の保管、文書、会計、統計などの総括的事務を分担する機関という位置づけとなっています。

強力な組織ですよ。ある意味、すべての中枢を仕切る場所とも言えます。

内閣官房長官の下に副長官を置き、その下に3つの組織があります。

・国家安全保障局
・内閣危機管理監
・内閣情報通信政策監

そのネーミングで、ほぼ何をするところかはイメージできそうです。

内閣官房が抱える組織たち

この3つの組織と並列して、官房副長官直下に、以下の組織が羅列されています。

・情報通信技術(IT)総合戦略室
・新型インフルエンザ等対策室
・アイヌ総合政策室
・郵政民営化推進室
・沖縄連絡室
・社会保障改革担当室
・原子力発電所事故による経済被害対応室
・日本経済再生総合事務局
・教育再生実行会議担当室
・国土強靱化推進室
・拉致問題対策本部事務局
・行政改革推進本部事務局
・領土・主権対策企画調整室
・健康・医療戦略室
・TPP(環太平洋パートナーシップ)等政府対策本部
・消費税価格転嫁等対策推進室
・水循環政策本部事務局
・まち・ひと・しごと創生本部事務局
・産業遺産の世界遺産登録推進室
・東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局
・国際感染症対策調整室
・一億総活躍推進室
・観光戦略実行推進室
・働き方改革実現推進室
・番号制度推進室
・統計改革推進室
・特定複合観光施設区域整備推進室
・地理空間情報活用推進室
・人生100年時代構想推進室
・イノベーション推進室
・ギャンブル等依存症対策推進本部事務局
・小型無人機等対策推進室
・プレミアム付商品券施策推進室
・オリンピック・パラリンピックレガシー推進室
・就職氷河期世代支援推進室
・全世代型社会保障検討室
・デジタル市場競争本部事務局
・新型コロナウイルス感染症対策推進室
・新型コロナウイルス感染症対策本部事務局
・国際博覧会推進本部設立準備室
※参考:組織図・事務概要 – 内閣官房ホームページ

すごい量ですね。かつて耳にした懐かしいものもあります。

・まち・ひと・しごと創生本部事務局
・一億総活躍推進室
・働き方改革実現推進室

それぞれに担当大臣がついています。順番に羅列しますと、まち・ひと・しごと創生本部事務局、一億総活躍推進室の2つの担当は、少子化対策・地方創生を担う坂本哲志内閣府特命担当大臣が兼務。働き方改革実現推進室の担当は、田村憲久厚生労働大臣が兼務します。

女性活躍については、東京オリ・パラと一緒に、男女共同参画の橋本聖子内閣府特命担当大臣が兼務します。さすがに北海道・沖縄開発に関する独立省はなくなりましたが、未だに男女共同参画を特別視しなければならない社会も、どうかと思いますね。

縦割り行政「打破」の仕組みはもうできている?

さて、官房組織に戻りますが、この中には、いわゆる省庁をまたぐようなものが多く含まれています。

その1つが、「情報通信技術(IT)総合戦略室」です。この部署とデジタル庁と、なにがどう違うのかよくわかりませんが、この分野を強く進めることを強調する意味で、特別に特命大臣を置いたということになるのでしょうかね。

デジタル庁が、菅政権肝いりの縦割り行政打破を、技術面から進めることになるのだと思われます。

この他、監督省庁が異なりそうなものをピックアップしてみますと
・新型インフルエンザ等対策室
・郵政民営化推進室
・社会保障改革担当室
・教育再生実行会議担当室
・国土強靱化推進室
などなど。

もうピックアップするのも面倒になってしまうくらい、官房長というところは、省庁をまたぐような事案を扱うところだということが理解できます。

すでに縦割り行政を打破できる仕組みは作られているのではないでしょうか?

これらの機能がきちんと回れば、あえて「縦割り打破」を打ち上げなくても良いように思えてきました。

Next: 「デジタル化」真の狙いは?内閣官房はブラックボックス

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー