fbpx

LIXIL G—大幅続伸、急ピッチで進む事業改革を評価で国内証券が投資判断引き上げ

マネーボイス 必読の記事



大幅続伸。大和証券は投資判断を「3」から「2」へ、目標株価を1600円から3000円へ
と引き上げている。現CEOの瀬戸欣哉氏が2019年6月に復帰して以降、事業改革が急
ピッチで進んでおり、来期(22年3月期)は予想を大きく上回る利益回復が期待できそ
うと予想している。希望退職プログラムの発表のほか、国内拠点の集約などの改革に
より22年3月期には、20年3月期実績比で230億円程のコスト削減効果が見込めると想定
している。また、事業面では、海外事業利益が欧米での売上回復を背景に第2四半期
(7-9月)に前年同月比でプラスに転じたほか、国内でも9月が売上高のボトムと見ら
れ、大和では第4四半期から事業増益に転じると予想しているもよう。そのほか、22年
3月期からはサッシのプラットフォーム化等による生産性の改善効果が徐々に本格化す
ることが見込まれ、23年3月期以降にその効果が顕在化すると期待しているようだ。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー