なぜポンドを売らなかった?ジョージ・ソロスのポジションを読む=岩崎日出俊

「ソロスが英国EU離脱を的中させた」との一部報道は必ずしも正確ではありません。彼は、英国ショックのみに賭けて、現在のポジションを取っているわけではないということです。(岩崎日出俊の金融サバイバル【Q&Aコーナー】

プロフィール:岩崎日出俊(いわさきひでとし)
1953年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、日本興業銀行へ入行。スタンフォード大学経営大学院で経営学修士(MBA)を取得。J.P. モルガン、メリルリンチ、リーマン・ブラザーズの各投資銀行でのマネージンング・ダイレクターを経て、経営コンサルティング会社「インフィニティ」を設立。著書に『投資銀行』(PHP研究所)、『気弱な人が成功する株式投資』(祥伝社新書)、『不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの』(SBクリエイティブ)など。日経CNBCテレビでコメンテーターを務める。

ソロスが見据える、英EU離脱後の「もう一波乱、二波乱」とは?

メルマガ読者からの質問

ジョージ・ソロスがマーケットに復帰し、株式相場下落にベットするポジションを取り、金(ゴールド)などにも投資しているようですが、これをどう考えますか?

【関連】7月日銀会合 Bloomberg日高記者の「ガセネタバズーカ」復活はあるか?=E氏

岩崎日出俊氏の回答

■ソロスのポジションについて

5月16日(月)、ジョージ・ソロスが運用するSoros Fund Managementの今年3月末時点での運用状況が政府に報告され、その詳細が明らかになったことからニュースになりました。
Billionaire Soros Cuts U.S. Stocks by 37%, Buys Gold Miner – Bloomberg

これによると、ソロスは米国の上場株投資の残高を37%ほど落とし、35億ドルにしたとのこと。

併せて、SPDR 500のETFのbearish optionsを購入。これは米国株式(S&P500)が下落すると利益を上げる金融商品です。

さらにSPDR Gold Trustのbullish optionsも購入し、金価格上昇にベットしました。

加えて米国の上場会社であるBarrick Gold Corp.の株も購入。この会社は金を産出する会社でソロスのファンドは同社の1.7%を所有するに至りました。

こうしたソロスのポジションは5月17日にはニュースとなって開示され、誰でも知ることが出来るようになりました。

そしてソロスと同じように動いた人は、今回の「英国によるEU離脱」でかなりの利益を上げることが出来ました。

金価格は先週金曜日の1日で、1263→1322ドルへと、4.7%上昇(COMEX金先物)。Barrick Gold Corp.の株価は、5月17日の19.35ドルから、先週金曜日には20.47ドルに。

もっともBarrick Gold Corp.の5月17日の株価は、「ソロスが買った」と言うので他者も買いを入れ、値を上げた直後でした。だから、これと先週金曜日を比べても、さほどの上昇にはなっていません。

ソロスの持分開示の基準日である3月31日と比べれば、13.56ドル→20.47ドルと、51%上昇したことになります。

■一部メディアの不正確な報道とソロスの狙いについて

なお「ソロスは今回の英国によるEU離脱を当てた」と一部メディアで報じられていますが、これは必ずしも正確ではありません。彼は、

「もし英国がEUを離脱すればポンドは対ドルで15~20%も下落することになるだろう。そして離脱が判明する6月24日(金)は Black Fridayとして人々の記憶に残るだろう」

と警告を発したのです。

結果は、1ポンドが1.49→1.19ドル(20%の下落)になることはなくて、今のところ1.36ドル(9%の下落)でとどまっています。しかしソロスが述べたように、「英国によるEU離脱」は、Black Fridayに近いインパクトを人々の脳裏に焼き付けました。

ここで、もうひとつ重要なことがあります。

それはソロスが今回の英国によるEU離脱のみにかけて、上記のようなポジションを取っているわけではないことです。

Next: ソロスが懸念する2つの波乱要因とは?/ソロスの得意と不得意

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー