北朝鮮の隣なのに安全通貨?「無慈悲な日本円買い」はなぜ起こるのか=久保田博幸

北朝鮮で有事が発生した場合、米国と日本への影響を考えると、日本に対する影響の方が大きくなるはずだ。それにも関わらず、なぜ円がドルに対しても買われるのだろうか。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「有事の円買い」の謎。なぜ北朝鮮に近い日本の通貨が買われる?

通用しなくなった「有事のドル買い」

昔の相場の格言に「有事のドル買い」というのがあった。これは戦争などが起こった場合、いわゆる有事の際に外国為替市場において、ドルが買われやすいことを意味する。ドルは軍事大国である米国の通貨であり、安全性が高いうえ、最も流動性が高く、ほかの通貨よりも信用リスクや流動性リスクが低いことで、有事の際には買われやすいということであった。

しかし、この「有事のドル買い」という言葉は、最近ではあまり通用しなくなった。もちろんドルが買われる場面はあるが、こと円に対してはドルが下落することが多い。

北朝鮮情勢は「一触即発」

6日に米軍がシリアに向けてミサイル攻撃を行った。そして間髪入れずに、今度は8日に原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群がシンガポールから朝鮮半島に向けて出航した。

米国のトランプ大統領は11日、ツイッターで「中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国とより良い貿易取引ができるだろうと中国の習近平国家主席に説明した」と投稿した。さらに「中国が協力を決断するなら、それはすばらしいことだ。そうでなければ、中国抜きでわれわれが問題を解決する」とも投稿しており、中国が行動しないのであれば、米国が単独で対応する用意があるという考えを改めて示した(NHK)。

海上自衛隊が、朝鮮半島の近海に向けて航行中の米空母カール・ビンソンと共同訓練を検討しているとも伝えられており、これも北朝鮮を刺激する可能性がある。今月は金日成主席の誕生日を15日に迎えるなど、北朝鮮で記念日が続くことで北朝鮮が新たな挑発行為に出る懸念もあり、一触即発のリスクも高まっている。

じわりじわりと円高進行

金融市場動向をみると、特に株式市場などではそれほど動揺を示していないが、外為市場ではじわりじわりと円高が進行し、ドル円は昨年11月以来の110円割れとなった。リスク回避の動きから金の先物も買われ、ニューヨーク金先物相場は5か月ぶりの高値をつけている。

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

NY金先物 週足(SBI証券提供)

NY金先物 週足(SBI証券提供)

金が買われるのは何となくわかるが、地政学的リスク回避の動きだからといって円が買われるというのは理屈に合わない。今回のリスク回避の動きの背景は、シリアという中東の国の問題というより、地理的に日本と非常に近い北朝鮮の問題である。

北朝鮮で何かしらの有事が発生した場合に、米国と日本への影響を考えると、日本に対する影響の方が大きくなるはずである。それにも関わらず、なぜ円がドルに対しても買われるのであろうか。

リスク回避の円買いは、理屈で動くというよりも、長きにわたり市場で形成されてきた条件反射的な動きにも思える。たしかに先進国のなかで、政治は安定しているようにみえる。しかし、安倍首相以前は毎年のように首相が替わっていた国である。しかも膨大な債務を抱え、中央銀行はやや無謀ともいえる政策を続けている国である。これらは日本国債の潜在的なリスクを高めているともいえる。

それでも円が買われるのは、日本への信認が維持されている裏返しでもあるのかもしれない。しかし、それでも北朝鮮における地政学的リスクの高まりに対しての円買いに対しては、違和感を持たざるを得ない。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

・フランス大統領選は混戦模様となり、不透明感を強める(4/11)
・中東・アジアでの地政学的リスクの高まりに市場はどう反応するのか(4/10)
・国債の基準値はどのように決定されているのか(4/7)
・FRBは年内にもバランスシート縮小開始か(4/6)
・中央銀行の情報漏洩は何故、起きるのか(4/5)
・マーケットの新たなリスク要因、米・中・北朝鮮・ロシアに英(4/4)
・FRBが物価目標としているPCEデフレーターとは何か(4/3)


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】いつまで安全?「リスク回避の円買い」に走る外国人のナニワ金融道=東条雅彦

【関連】北朝鮮から日本海沿岸に殺到する大量難民。そのとき株と為替はどう動く?=今市太郎

【関連】北朝鮮の反撃で韓国軍壊滅、日本自衛隊出撃す。そのとき安倍政権は?=高島康司

【関連】「影の支配者」D・ロックフェラーの死にほくそ笑むゴールドマンの戦略=斎藤満

牛さん熊さんの本日の債券』2017年4月12日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,080円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい